岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2021年09月29日

大浦の防潮堤

9月のある日、船越の大浦地区の海岸道路を歩いてみました。

八龍王石碑がある地点から南下しました。

oouradouro_LI.jpg

ryuuou.jpg

2021年現在
ryuuou2021.jpg

整備前は道路沿いにありました。
ryuuou google.jpg
googleマップから


石碑付近から防潮堤に上る階段があります。

ooura1.jpg
見切れてますが右に石碑があります

階段上って

ooura2.jpg

北側(山田湾口側)
ooura4.jpg

南側
旧堤防が見えます。
ooura3.jpg

ここから左側の道路を南に向います。

22.jpg

乗り越え道路が見えました。
24.jpg

乗り越えます
25.jpg

27.jpg

大浦港に出ました。
29.jpg


すぐ左からまた乗り越えて山側へ行けます
30.jpg

31.jpg

32.jpg


また戻って大浦港に出てそのまま進みます
g3.jpg

g4.jpg


g5.jpg

港をぐるーっと防潮堤が囲んでいます。

g6.jpg

このまま進むと丁字路に出ます。左は小谷鳥方面へ右は山田方面へ。

ご秀全様付近の様子も撮影してきました。後日お伝えします


(千)
posted by 山田町観光協会 at 07:00| Comment(0) | 行ってきました

2021年07月17日

海水浴場オープン オランダ島へ

いきなり暑くなった7月17日、山田町の海水浴場一斉にオープンしました。

オランダ島は予約制となっています。
こちらで受付、チケットを購入します。
チケットは帰りに回収しますので持っていてくださいね。
IMG_0091.jpg

お熱も測ります。
IMG_0094.jpg

チケットを持って船着き場へ
IMG_0217.jpg

ライフジャケットをつけます。
IMG_0214.jpg

IMG_0215.jpg

海童丸に乗船
IMG_0216.jpg

いざオランダ島へIMG_0107.jpg

IMG_0105.jpg

奥に座ってても波しぶきを浴びます。
デジカメのレンズがここで濡れました。
IMG_0113.jpg

島だーー
IMG_0116.jpg

10分ほどで到着。
IMG_0119.jpg

上陸しました。
IMG_0126.jpg

美しい〜〜
IMG_0132.jpg

底が見えます。
IMG_0127.jpg

看板も見ましょう。
IMG_0128.jpg

IMG_0135.jpg

こちらは新しく建てられた看板
IMG_0136.jpg

新しくできた公衆トイレ・更衣室
IMG_0134.jpg

向かって左側から入ると男子。右側から女子です。
IMG_0137.jpg

センサーライト。
IMG_0139.jpg

トイレ・更衣室もドアを開けて入るとセンサーで明るくなります。

オランダ島とは
「むか〜しオランダの船が入ってきてなあ・・・・」
IMG_0146.jpg

IMG_0143.JPG

IMG_0150.JPG

IMG_0144.JPG


IMG_0152.JPG

IMG_0155.jpg

ここから先は行けません。危険ですので引き返しましょう。
IMG_0161.jpg

島の頂にはお社があります。
IMG_0166.jpg

IMG_0167.jpg

降りる途中からの景色がまたきれいですね。
IMG_0174.jpg

IMG_0176.jpg

夏の雲
IMG_0178.jpg

時間になったので帰ります。
IMG_0200.jpg


IMG_0209.jpg

オランダ島上陸は予約制です。
お申し込みは(一社)山田町観光協会 0193-65-7901までお願いします。
2-9a8ee.jpg

(千)
posted by 山田町観光協会 at 16:20| Comment(0) | 行ってきました

2021年06月28日

山田町の秘境 多久里(たぐり)の滝

山田町の秘境のひとつ多久里(たぐり)の滝を紹介させていただきます。
場所は、豊間根荒川地区から那智畑林道を奥に進んでいきます。
住所はありません。

DSCF8309.JPG
わかば幼稚園の前を通ってしばらく行くと、
分かれ道にさしかかります。右手に石碑群があります。
まっすぐ行くと、福士地区、多久里の滝は左方向の道を行きます。
途中舗装の道から舗装されていない林道に変わります。
ハンドルを取られないようにゆっくり走ってください。

DSCF8308.JPG
那智畑林道をしばらく走って行くと、川をまたぐように小さい橋が
いくつかあります。その中に橋を渡った所に分かれ道があるところが
あり、その分かれ道を右に入っていきます。(気を付けて見ていないと見落とします)
そして走ること3分位で、左側に滝が現れます。

DSCF8245.JPG
この日は、晴れた日が続いていたので、水量が少なかったみたいです。
雨が続いた日の翌日あたりだと、水量も多くて迫力があると思います。

DSCF8246_Moment.jpg
山の奥地で携帯電話は通じません。ラジオも入りません。
早い時間に行かれる事をお勧めいたします。
天気が崩れそうなときは、気を付けて下さい。
真夏になると、あぶの大群が襲ってきますので、車から
出ることが出来ません。重装備で虫よけスプレーや殺虫スプレー
等が必要になります。
今の時期は安全です。

DSCF8238.JPG
懐かしい可愛い「へびいちご」を見つけました。結構大きかったです。
涼を求めて出かけてみては、いかがでしょうか。

次回は、多久里の滝から40分ぐらいで行くことが出来る、
やっぱり、秘境のもうひとつ「穴乳観音」を紹介させていただきます。
お楽しみに❣

滝の動画は、山田町観光協会のFacebookと、とっとのFacebookにアップしております。
そちらも、ご覧ください。

(博)
posted by 山田町観光協会 at 16:52| Comment(0) | 行ってきました

2021年03月23日

三陸と山田の海を学ぶジオ講座

先週の土曜日、まちなか交流センターで「三陸と山田の海を学ぶジオ講座」が開かれましたので行ってきました。
r-CIMG5042.jpg

講師は東京大学大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センターの北川貴士准教授と、福岡拓也特任研究員のお二人です。


まずは北川先生のお話で、三陸の海、魚、漁業についてです。
知っているようで知られていない海の世界、お話を聞いて初めて知ったのですが海中ではGPSが使えないそうです。
r-CIMG5044.jpg
電波も光も届かない海底がいかに未知の世界か、どうして海水は塩辛いか、親潮黒潮について、岩手の漁業と最近の海の変化と、多岐にわたって分かりやすくお話してくれました。

r-CIMG5052-2.jpg
岩手ではメジャーである定置網漁業が実は国内では1割くらいなのだそうです。また牡蠣やワカメの養殖には魚の養殖と違って餌を与える必要がないため海を汚さないなど、環境に負担の少ない手法です。
岩手の漁業は「追う」よりも「待ち」の漁業。海が豊かだからこそ生まれた特色なのだなと思いました。




続いて福岡先生の三陸ウミガメ研究記のお話です。
生息地は暖かい海のはずのウミガメ。三陸の冷たい海で見かける理由は…?
r-CIMG5055.jpg
実は定置網にけっこうかかるウミガメ。
バイオロギング(生き物に小さな記録計やカメラを取り付けて一定期間観察すること)で調査した結果、夏になると南からはるばるやってきて、クラゲやカニ、海藻などを食べているのだそう。

上でもありましたが、海の中は電波が通りません。陸ではなかなかの精度を誇る天気予報も、観測点が少ないため海ではまだまだの現状。けれどもウミガメは息継ぎのために海面に顔を出すため、定期的に海中の情報を送れ、海の天気予測の観測点になりうるのでは?とのお話。夢が広がります(*^-^*)
r-CIMG5059.jpg
どちらがアカウミガでアオウミガメかな?


東京大学大気海洋研究所 国際沿岸海洋研究センターは大槌町にあります。
来月には海洋科学研究展示・資料館として「おおつち海の勉強室」がオープンします。ぜひお越しください。
r-r-CIMG5077.jpg



最後にワークショップです。「海藻おしば」でしおりを作ります。指導は鯨と海の科学館の道又さんです。
r-CIMG5067-2.jpg
しおりの作り方の他に、生物としての海藻について。海「藻」と海「草」の違いや普段食べるワカメや海苔、褐色か紅色か、なぜそうなのか、などなど教えていただきました。

これらの海藻でしおりを作ります。
r-CIMG5064-2.jpg

完成しました。センスについては問わないでください。
r-CIMG5074.jpg


どのお話も分かりやすく、面白く、知らないことがたくさんあるのだな、と改めて感動しました。



今度の土曜日(3月27日)には「霞露ヶ岳ジオトレッキング」があります。
内容:霞露ヶ岳登山と植生などについての説明
申込期限:は24日(水)までです。
申込先:町水産商工課 観光振興係(内線224)

興味のある方はぜひどうぞ(^^)/
※6時間ほど山道を歩ける事が申込条件となっています。

(和)
posted by 山田町観光協会 at 10:00| Comment(0) | 行ってきました

2021年02月27日

四十八坂 清和荘

山田町船越にある「民宿四十八坂荘」は、経営者が変わり昨年から「四十八坂 清和荘」として営業しています。

先日たずねたところ、快く迎えてくださいました。

IMG_20210225_151949.jpg
手前の空き地が駐車場となっています。

IMG_20210225_151926.jpg

IMG_20210225_151905.jpg


清和荘の中をご紹介します。

玄関
IMG_20210225_151648.jpg

玄関から左側へ進むとお部屋があります。
一部屋ずつ見せていただきました。

1階2部屋
IMG_20210225_150722.jpg

IMG_20210225_150736.jpg

2階に3部屋
IMG_20210225_150810.jpg

IMG_20210225_150815.jpg

階段上って突き当りにある3畳の部屋。
ひとり用にちょうどいいサイズ感。
どのお部屋も日当たりがいいです。

IMG_20210225_150836.jpg

お風呂。リフォーム済みです。きれい。
IMG_20210225_150935.jpg

脱衣所の棚も新しく設置したそうです。
IMG_20210225_151017.jpg

冷蔵庫と洗濯機。
洗濯機使用は一回200円です。
IMG_20210225_151053.jpg

食堂
IMG_20210225_151228.jpg

天窓がありました。
IMG_20210225_151220.jpg

玄関から右側にもお部屋があり、
IMG_20210225_151349.jpg

2階、15畳の大部屋(ふすまで仕切ってます)。ベランダ付き。
向かいのドライブイン「磯よし」さんの向こうに海がみえます。

IMG_20210225_151420.jpg

大広間(30畳)
IMG_20210225_151519.jpg


料金など詳しくは清和荘さんのHPをご覧ください。
只今、素泊まり3800円のところ、3500円で提供しています。

清和荘 HP
https://seiwaso-iwate.com/

四十八坂 清和荘
〒028-1371 岩手県下閉伊郡山田町船越2-80-3
0193-84-2020
無料Wi-Fi完備
土・日・祝日でも平日と同一料金。(※ 年末年始12/31〜1/3を除く。)

(千)
posted by 山田町観光協会 at 14:29| Comment(0) | 行ってきました