岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2015年04月07日

鞭牛和尚の碑 山ノ内・六角搭

船越山ノ内にあるという牧庵鞭牛(ぼくあんべんぎゅう)和尚の碑を訪ねてとことこ行ってきました歩く_m.gif

地図で「この辺だな」と確認してから向かったものの、平面で見るのと違い高低差のある道路を迷いながら進み、見つけました目

1.JPG

「鞭牛和尚碑」とあります。

2.JPG

宝暦10年(1760)、16日に船越村山ノ内集落に「南無阿弥陀仏」碑を建設したと言われています。

3.JPG

牧庵鞭牛和尚は宝永7年(1710年)に生まれ、その後住職となり岩手県の沿岸100里に及ぶ道を自らゲンノウを手にし、数々の交通の難所を開削したお方です。

宝暦12年(1762)、開削12年の一区切りとして建立されたのが大沢の袴田にある六角搭です。

4.JPG
現在の六角搭付近

6.JPG

「とことこ日記」の前身である「かきくけこ通信」でも取り上げられていました。
http://yamada-kankou.seesaa.net/article/182091112.html
2011.jpg
2011年の六角搭付近

それ以前は林の中に埋もれるようにひっそりと建っていて、気づかないで通り過ぎてしまう人も多かったことでしょう。
また付近の海で泳いだりもできたようです。
子どもたちは「六角搭で泳いでくる」と言って家を出たとか。

鞭牛和尚の碑は他にも数か所あるようです。追々紹介したいと思います。

tizu.png

(千)
posted by 山田町観光協会 at 16:21| Comment(0) | 史跡

2014年10月20日

浜川目沢田T遺跡現地説明会

18日遺跡現地説明会がありました。

1看板.JPG

場所は大沢浜川目 航空写真はこちら
2航空写真.JPG

時間前にはたくさんの人が集まっていました。

3挨拶.JPG

浜川目沢田T遺跡は縄文時代の遺跡です。
山田湾が一望できる標高2〜7mの低い場所にあります。

まず北側調査区から

4-3.JPG

大小の穴があります。柱を立てた跡で、数が多いことから一か所に何度か建てたことが解るそうです
4北遺跡.JPG

「ここが外側になりまーす」
6説明.JPG

炉の跡です。複合炉といいます。
7炉.JPG

8複合炉.JPG

朱色になっているのは燃える火によって変色したため。
8炉朱色.JPG

伏甕(ふせがめ)
なぜこのように甕を伏せて埋めるのかは縄文時代の謎だそうです。
8-1.JPG

9説明.JPG

地層をよく見ると色が変わっているのがわかります。
10地層.JPG

続いては南側調査区

北側調査区から約1000年経過後の遺跡です。

11南遺跡.JPG

12説明.JPG

こちらはこれから掘り進め、北側のように竪穴住居跡が見つかる予定。
縄文土器がたくさん発掘されています。
13遺物.JPG

すすぎ口のついたものもあります。こちらからは反対向きなのでわからないですねたらーっ(汗)
14食器.JPG

これは土偶の「足」!
もし欠けていなければ30センチほどの大きさになるとか。楽しみですね。
15土偶の足.JPG

建物内部では遺物の展示をしていました。

16展示.JPG

ずらーと並んだ縄文土器。
出土したものの一部です。
17展示.JPG

18展示.JPG

19展示.JPG

おそらくヒスイではないかといわれるもの。
ヒスイだとすると大浦に続いて山田では二個目になります。
20ヒスイ.JPG

土偶
21土偶.JPG

22遺物.JPG

詳しい内容はこちらをごらんください。
パンフレットはこちら
iseki.jpg

iseki2.jpg


18日は二か所の説明会がありましたが都合によりレポートは午後の浜川目沢田T遺跡となりました。
石峠U遺跡については
公益財団法人岩手県文化振興事業団 埋蔵文化財センターのHPを参照ください
http://www.echna.ne.jp/~imaibun/
「ただいま調査中!」の「石峠U遺跡」
http://www.echna.ne.jp/~imaibun/chousa/chousa_312isitouge2.html


(千)
posted by 山田町観光協会 at 17:37| Comment(2) | 史跡

2014年06月09日

焼山遺跡

5月31日焼山遺跡の現地説明会に行ってきました。

IMG_0002.jpg
IMG_0003.jpg

古代〜中世の鉄生産関連遺跡です。

場所は船越第6地割。屯所奥の現在集団移転のため切り崩している場所です。
そこから遺跡が発掘されました。

CIMG2364.JPG
空撮画像です。


CIMG2363.JPG
参加者は100名以上。

CIMG2375.JPG

CIMG2372.JPG
製鉄炉跡

CIMG2378.JPG
製鉄炉跡:鉄のように見えますが「鉄滓(てっさい)」という鉄生産時に出る鉄のカスのようなものだそうです。

CIMG2389.JPG
鉄滓は3トンほど出土したそうです。

CIMG2379.JPG
丁寧に説明するセンターの方。

CIMG2380.JPG

CIMG2394.JPG
遺物展示場

CIMG2395.JPG
戦前と思われるビール瓶。時代を超えてこの場所で人の営みがあったのでしょう。

CIMG2396.JPG
石器も出ました。

CIMG2398.JPG
小刀

CIMG2399.JPG

CIMG2400.JPG

CIMG2402.JPG
「羽口(はぐち)」と呼ばれるものです。沢山ありました。

CIMG2403.JPG

発掘作業は6月30日までとなっています。

CIMG2405.JPG

更に詳しくは公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターのHPをご覧ください。

当日の説明会の資料はこちら。yakeyama.pdf


山田町にはほかにも遺跡があります。
石峠U(いしとうげ2)遺跡、沢田V(さわだ3)遺跡、間木戸T(まぎど1)遺跡、浜川目沢田T(はまかわめさわだ1)遺跡など現在調査中です。

縄文時代の山田の人々の生活に思いをはせる…ロマンですねぴかぴか(新しい)

(千)
posted by 山田町観光協会 at 10:40| Comment(0) | 史跡

2014年05月22日

阿部将翁生誕の地

とことこと豊間根を歩いていたらたどり着いた場所です。

CIMG0991.JPG

「阿部将翁生誕の地」と刻まれてます。

CIMG0990.JPG
画像クリックで大きな画像を表示できます。

「阿部将翁(あべのしょうおう)」について「山田町史」にも記されています。以下転載

「名前は輝任、幼名を友之進と称し豊間根村に生まれたといわれる。
大阪に向かう途中暴風に遭遇し、中国の港に漂着し、広東を経て杭州に渡り、福建で一八年間滞在中医学と本草学を学んで帰国したといわれる。
八代将軍吉宗に任用され、享保年中幕府に命ぜられ国内を回り、薬草八百五十八種、鉱石五十二種目を発見し、幕府に報告している。享保十三年(1728年)将軍吉宗は、薬植場として三十間堀の地に、九百五十坪を設けて、将翁にこの管理と薬草採製をおこなわせた。
また釜石地区内の磁鉄鉱に日本一の折紙をつけたといわれる。
「山田町史 上巻 人物編」より


なお、「採薬使記」「御薬草御用勤書覚」などの書物を残しており、国立国会図書館デジタルコレクション(http://dl.ndl.go.jp/)で見る事が出来ます本

奥に入ります。

CIMG0992.JPG

CIMG0994.JPG

手入れされた庭木
CIMG0993.JPG

手前にまた案内板が

CIMG0995.JPG

家屋の横に回り込むと御社がありました。

CIMG0998.JPG

CIMG1002.JPG

CIMG1001.JPG

CIMG0999.JPG

CIMG1000.JPG

兜石と阿部将翁の関係等詳しいことはわかりませんでしたが

歴史のロマンを感じますぴかぴか(新しい)


CIMG1003.JPG

(千)
posted by 山田町観光協会 at 17:48| Comment(0) | 史跡

2014年01月16日

小谷鳥の割畑沢T遺跡

先週11日、船越半島の小谷鳥地区で遺跡の発掘調査の説明会が行われました。

小谷鳥の遺跡「割畑沢T遺跡」は、だいたい4500年前、縄文時代の中期後半の集落跡です。
今回は直接行けなかったので、鯨館職員から写真を撮ってもらった写真を掲載します。

DSC03697割畑沢遺跡-2.jpg
土器や石器の出土品です。

DSC03704割畑沢遺跡-2.jpg
割畑沢T遺跡は小谷鳥側の海を臨む、南向きのゆるい斜面にあります。
この遺跡からは竪穴住居跡が20、貯蔵用の穴が13、焼土跡が3見つかったそうです。
DSC03719割畑沢遺跡-2.jpg
住居跡は直径4m〜8mが見つかっています。
直径4mの円の面積を計算すると約12.5u、6〜8畳の部屋を想像するといいと思います。8mともなると約50u、結構広いですね家

今回最大の発見はこの「複式炉」だそうです。
DSC03718割畑沢遺跡-2.jpg
複式炉は縄文時代の東北中心にあったいわゆる竈(かまど)の形ですが、山田の他の遺跡から出てきている炉とは形が違うのだそうです。
「前庭部」とよばれる皿状が無いこのパターンは仙台など東北南部に見られます。

DSC03709割畑沢遺跡-2.jpg
当時この辺はなかなか賑やかだったのだろうなと思います。
昔は今以上に海の存在は大きかったのだな、とも。
ご先祖様たちの生活ぶりは、なかなか想像力を掻き立てられます(*^_^*)
(和)
posted by 山田町観光協会 at 13:36| Comment(2) | 史跡