岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2020年11月08日

山田のランチ グルメハウス シンコー さん

山田のランチを食べてみよう! 第4弾は「グルメハウス シンコー」さんです。
r-CIMG9875.jpg
r-CIMG9874.jpg
場所はびはんオール店の近く、長崎-川向町道路の踏切付近です。

r-CIMG9876.jpg
お昼の時間はサラダ・スープ・ドリンクも付いて900円とお得なランチサービス(焼肉定食・ハンバーグ定食は1,000円)があります。
と、いうわけで今回はランチセットを頼みました。


ランチメニューその1「スパゲティセット」
r-CIMG9893-2.jpg
この日のスパゲティはナポリタンとミラネーズの2種でした。
ミラネーズ、実は食べたことがありませんで、せっかくなのでミラネーズを注文です。ツナと茸と玉ねぎとピーマンの塩味パスタで、シンプルイズベスト、あっさりさっぱり食べたい時にお勧めです。


ランチメニューその2「オムカレーセット」
r-CIMG9905-2.jpg
カレーはけっこう辛いのですが、ふんわり卵がたっぷりなので口当たりはマイルドです。コンソメスープも美味しいです。


ランチメニューその3「グラタンセット」
r-CIMG9908-2.jpg
エビがゴロゴロ入ったホワイトソースにたっぷりチーズを乗せて焼いた、王道のエビグラタン。トーストにソースを乗せて食べるとさらに良し。
※グラタンセットはスープの代わりにミニトーストが付きます。


ドリンクは食後にアイスコーヒーをお願いしました。
r-CIMG9913-2.jpg
深〜い苦味がクセになります。


メニューです。パフェや飲み物も充実しています。
r-CIMG9877-2.jpg

r-CIMG9880-2.jpg

r-CIMG9881-2.jpg

グルメハウス シンコー
・山田町川向町7-5
・0193-82-2306
・営業時間 昼11:00〜15:00 / 夜17:00〜21:00
・不定休
・喫煙可


(和)
posted by 山田町観光協会 at 13:31| Comment(0) | 食べ物

2020年11月05日

かき小屋冬のシーズン始まりました!

三陸山田かき小屋、冬のシーズンが今年も始まりました!
遅ればせながら初日の様子です。TV取材の方もみえられました。
s-CIMG9823.jpg

おなじみの殻付きカキ蒸し焼きに加え、追加オプションで生ガキやホタテやミニアワビなどもご注文できます。
※事前にご予約ください。
s-CIMG9814.jpg
s-CIMG9663.jpg

s-CIMG9710.jpg

s-CIMG9689-2.jpg

s-CIMG9700.jpg

s-CIMG9786.jpg

s-CIMG9782.jpg

s-CIMG9806.jpg

三陸山田かき小屋冬のシーズンは、2021年5月31日まで(予定)

完全予約制(2名様から)で、開始時間11時〜、12時〜、13時〜、14時〜(14時回は土日祝のみ)の完全入替制、水曜・木曜が定休日です。

基本プランは40分コース大人お1人3,500円(小学生2,500円)ライス付き、他に60分のゆったりプラン(4,500円)や、かき10個のちょっとだけプラン(20分 1,500円)、貝盛りミックス(3,500円)もございます。
※予約状況によりお受けできない場合もあります。


予約申込先
(一社)山田町観光協会 0193-65-7901

受付時間 9時〜17時(水曜定休)

r-CIMG0232-2.jpg
感染症対策として
※各回・各テーブルの受け入れ人数を減らさせていただいております。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては休業する場合もございます。

ご理解・ご協力の程お願いいたします。


今年のカキも美味しくぷりっぷりに育ちました(^O^)/
山田のカキを食べにぜひお越しください。

(和)
posted by 山田町観光協会 at 14:03| Comment(0) | 食べ物

2020年10月24日

山田のランチ 舟源さん

山田のランチを食べてみよう! 前回からちょっと間が空きますが、第3弾です。
今回は豊間根の「味処 舟源」さんへ行ってきました。
r-CIMG9039-2.jpg
お店の場所は国道45号線沿い(ホームワンサトーさん付近)にあります。

r-CIMG9040.jpg
今日のランチセットは刺身三点盛とカキフライ、鶏のから揚げ、芋の子汁です。
刺身定食とカキフライ定食、のように数種類に分かれているのかな?と思い、お刺身を頼むと、

r-CIMG9054.jpg
全部入ってのランチセットでした!
カキフライも唐揚げも一緒に食べられ、汁物は芋の子汁。豪華!

ランチセットは日替わりで変わるそうで、お刺身もその日仕入れるもの次第だそうです。ちなみに、今日のお刺身はイカ・ホタテ・マグロ(近海)でした。美味しかったです( *´艸`)


r-CIMG9060.jpg
他に天ざるそば(750円)
細麺で、甘めのタレが美味しかったそうです。

r-CIMG9065.jpg
天丼(800円)
r-CIMG9068.jpg
衣が薄めで見た目よりしょっぱくなく、最後まで飽きずに食べられました!とのことでした。

r-CIMG9071.jpg
デザートにコーヒーフロート(270円)を。
甘くないコーヒーがこれまた美味しかったです(*^▽^*)


昼の部と夜の部ではメニューも変わるので要チェックです。
r-CIMG9043.jpg

r-CIMG9042.jpg


味処 舟源
山田町豊間根2-33-121
0193-86-2480
営業時間 昼11:30〜14:00 夜17:00〜20:00
定休日 水曜
※禁煙

(和)
posted by 山田町観光協会 at 17:16| Comment(0) | 食べ物

2020年10月03日

松茸売ってます

秋、松茸の季節まっさかり。キノコの里、山田町の店頭にも松茸が並んでいます。今日の午前中の状況です。

まずは五篤丸水産さん
s-CIMG8552.jpg

s-CIMG8555.jpg

五篤丸さんはネットでも受け付けています。
https://gotokumaru.jp/

こちらはGoToトラベルのクーポンをご利用できます。
s-CIMG8557.jpg


そしてびはんオール店さん
s-CIMG8603.jpg
行った時はちょうど4周年感謝セールの園児による虎舞の最中でした。
s-CIMG8570.jpg
お囃子は心が躍ります♪
s-CIMG8574.jpg

お店に入ってすぐのところに並んでいました。
s-CIMG8596-2.jpg


そしてキノコの本命、道の駅やまださん
s-CIMG8607.jpg

こちらもお店に入ってすぐのところに並んでいます。
s-CIMG8614.jpg
大きいものから小さいものまでありました。
s-CIMG8612.jpg

松茸専用の箱もお求め出来ます。
s-CIMG8634.jpg

s-CIMG8616.jpg
また、干椎茸(どんこ)はもちろん、山田の新米も出ていました。
s-CIMG8628.jpg
道の駅やまださんのネットショップでは「まつたけ御飯の素」を販売しています。
http://www.yamada-michinoeki.com/shopdetail/000000000158/001/O/page1/recommend/



また、ふるさと特産品でも松茸がご予約できます。
https://www.furusato-tax.jp/city/product/03482

美味しい山田の松茸、ぜひお召し上がりください。


(和)
posted by 山田町観光協会 at 14:34| Comment(0) | 食べ物

2020年08月30日

ほやのさばき方

今日は山田町とっと式ほやのさばき方です。
ほやは殻がかたく、初めてさわる時はどうすればいいのか戸惑うと思いますが、ほやの構造を知っていればけっこう簡単にさばけます。
s-CIMG5696-2.jpg
まずは新鮮なほやを用意しましょう。
新鮮なほやはとっと通販でお買い求めできますぴかぴか(新しい)
https://www.yamada-kankou.jp/totto/


ほやの上側にある2つの大きな突起。よく見るとプラス(+)とマイナス(−)があります。
s-CIMG5670-2.jpg
プラス(+)が口、マイナス(−)がお尻(腸側)です。
s-CIMG5670-2+-.jpg

2つの突起物をプラス・マイナスの順番でいっきに切り落とします。
(ほや水が欲しい場合はプラスだけを切って水を出してからマイナスを切ります)
s-CIMG5700.jpg

s-CIMG5702.jpg

続いてマイナスの側から根に向かって切り込みを入れます。
s-CIMG5703.jpg
s-CIMG5705-2.jpg

皮と身の間に指を差し込み、身の部分だけをはがし取ります。
s-CIMG5708.jpg
身はすんなりとはがれます。
s-CIMG5710.jpg


身を開きましょう。
s-CIMG5712-2.jpg
黒いところは内臓で、とり除きます。指で簡単に千切れます。

腸内の糞を出します。
マイナスの口から出てくる細い深緑色の糸みたいなものが糞です。
s-CIMG5712-2-2.jpg
マイナス側から切った場合、開いて左側にS字を描いて腸があります。これも指で割けます。(包丁でもOK)
s-CIMG5715.jpg
腸を開いた状態。
ほやのクセが気になる方は両側にある「ひだひだ」も取ってオレンジ色の筋肉(?)だけにするといいでしょう。

腸内がきれいになったらさっと水で洗います。
s-CIMG5716.jpg


身の切り方
ほやは場所によって甘かったり苦かったり味が変わります。
切り方は色々ですが、今回は一口に甘味と苦味が入るようにします。
s-CIMG5718-2.jpg

外側の筋繊維に逆らうように切ります。
s-CIMG5719.jpg
(突起の口だった部分の先(赤色)も堅いので切り落とします。)

出来上がり♪
s-CIMG5722-2.jpg
酢をかけるのが代表的ですが、ポン酢、醤油、七味唐辛子なども美味しく召し上がれます。
ほやは鮮度が命、作ったらすぐに食べましょう!
すぐに食べられない場合は、酢に漬けて冷蔵庫で保存すれば数日程持ちます。

s-CIMG5670.jpg

夏の三陸の新鮮なほやは本当に甘くてふわっふわのぷりっぷりです!
機会がありましたらぜひ作ってみてください(^o^)/


(和)
posted by 山田町観光協会 at 16:12| Comment(0) | 食べ物