岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2020年08月30日

ほやのさばき方

今日は山田町とっと式ほやのさばき方です。
ほやは殻がかたく、初めてさわる時はどうすればいいのか戸惑うと思いますが、ほやの構造を知っていればけっこう簡単にさばけます。
s-CIMG5696-2.jpg
まずは新鮮なほやを用意しましょう。
新鮮なほやはとっと通販でお買い求めできますぴかぴか(新しい)
https://www.yamada-kankou.jp/totto/


ほやの上側にある2つの大きな突起。よく見るとプラス(+)とマイナス(−)があります。
s-CIMG5670-2.jpg
プラス(+)が口、マイナス(−)がお尻(腸側)です。
s-CIMG5670-2+-.jpg

2つの突起物をプラス・マイナスの順番でいっきに切り落とします。
(ほや水が欲しい場合はプラスだけを切って水を出してからマイナスを切ります)
s-CIMG5700.jpg

s-CIMG5702.jpg

続いてマイナスの側から根に向かって切り込みを入れます。
s-CIMG5703.jpg
s-CIMG5705-2.jpg

皮と身の間に指を差し込み、身の部分だけをはがし取ります。
s-CIMG5708.jpg
身はすんなりとはがれます。
s-CIMG5710.jpg


身を開きましょう。
s-CIMG5712-2.jpg
黒いところは内臓で、とり除きます。指で簡単に千切れます。

腸内の糞を出します。
マイナスの口から出てくる細い深緑色の糸みたいなものが糞です。
s-CIMG5712-2-2.jpg
マイナス側から切った場合、開いて左側にS字を描いて腸があります。これも指で割けます。(包丁でもOK)
s-CIMG5715.jpg
腸を開いた状態。
ほやのクセが気になる方は両側にある「ひだひだ」も取ってオレンジ色の筋肉(?)だけにするといいでしょう。

腸内がきれいになったらさっと水で洗います。
s-CIMG5716.jpg


身の切り方
ほやは場所によって甘かったり苦かったり味が変わります。
切り方は色々ですが、今回は一口に甘味と苦味が入るようにします。
s-CIMG5718-2.jpg

外側の筋繊維に逆らうように切ります。
s-CIMG5719.jpg
(突起の口だった部分の先(赤色)も堅いので切り落とします。)

出来上がり♪
s-CIMG5722-2.jpg
酢をかけるのが代表的ですが、ポン酢、醤油、七味唐辛子なども美味しく召し上がれます。
ほやは鮮度が命、作ったらすぐに食べましょう!
すぐに食べられない場合は、酢に漬けて冷蔵庫で保存すれば数日程持ちます。

s-CIMG5670.jpg

夏の三陸の新鮮なほやは本当に甘くてふわっふわのぷりっぷりです!
機会がありましたらぜひ作ってみてください(^o^)/


(和)
posted by 山田町観光協会 at 16:12| Comment(0) | 食べ物

2020年07月25日

山田のランチ 道の駅やまだ

山田のランチを食べてみよう!第2弾は「道の駅やまだ」さんです。
r-CIMG4795.jpg
前の雨の日にお邪魔してきました。
道の駅やまださんといえば、あっさりツルっと食べられる「わかめラーメン」450円 がおなじみですが、ここはせっかくなので季節のメニューをいただきました。

「海鮮冷麺」780円
r-CIMG4813.jpg
夏にぴったり、冷たくて辛い、海の旨味たっぷりの冷麺です。
細麺で比較的かみ切りやすく、冷麺は苦手めだった(ここ重要)私も美味しく食べられました。


「ぶっかけ海鮮丼」1200円
r-CIMG4801-2.jpg
ご飯にめかぶとイクラ、甘えび・ホタテ・赤貝などの海鮮が乗っています。めかぶは粘り気があるので、とろろ飯のようにご飯とかき込んでいただけます。
味噌汁と漬物の他に、嬉しいデザート付(わかめソフト)です。



デザートに「あずきばっとうソフト」350円
r-CIMG4822.jpg
きなこと黒蜜のかかったバニラソフトと「あずきばっとう」を絡めていただきます。

「かぼちゃドーナツ」80円
r-CIMG4825.jpg
定番のかぼちゃドーナツ。外はさっくり中はほっくりの優しいお味です。

只今【ホームページ限定 割引クーポン券】「食うポン」のページをスマホ画面か紙に印刷して提示すると、ソフトクリームが全品100円引きになるサービスを実施中です。
https://www.yamada-michinoeki.jp/coupon/
r-CIMG4841-2.jpg

メニューです。
r-CIMG4793-2.jpg
テイクアウトも行っています。
r-CIMG4794.jpg


産直コーナーでは宝くじも売っていました。
r-CIMG4848-2.jpg
山田でも宝くじを買えます!


道の駅やまだ フードコーナー
山田町船越6-141
0193-89-7025
営業時間 10:00〜15:30(LO 15:00)
(売店コーナーは 9:00〜18:00)
定休日 無し


(和)
posted by 山田町観光協会 at 12:35| Comment(0) | 食べ物

2020年07月17日

山田のランチ 浜処いっぷくさん

ビジネスインやまだ内で営業している「浜処いっぷく」さん。

ランチの時間にお邪魔してきました。

IMG_0274.JPG

ビジネスインやまだ内、入って右側が浜処いっぷくさんです。

IMG_0272.JPG

数あるメニューの中から2品注文。


「三陸の海藻と玉子焼き御前」 1,200円
IMG_20200717_123751.jpg
玉子焼きにワカメとめかぶがトッピング。
ふわふわの玉子とわかめのシャキシャキとめかぶのとろっとろが楽しい〜


「名物天丼」 1,000円
IMG_20200717_123945.jpg
魚と季節の野菜の天麩羅(この日はエビとかぼちゃ、白魚、ナス、オクラ、サツマイモ)がドン。
サクサク、程よい味付けで飽きません。

分け合えるように小皿を付けてくれました!
はい、そのつもりでしたので大変ありがたかったです。

ランチには飲み物が一品サービス(アップルジュース、オレンジジュース、コーヒーのいずれか選びます)

IMG_20200717_125908.jpg

メニュー。
どれも美味しそうで注文悩みました。
次回はあれとこれとそれを食べたいです。

IMG_20200717_122838.jpg
IMG_20200717_122903.jpg
IMG_20200717_122931.jpg
イカのしろっこ丼は今の時期残念ながら提供していませんでした。


帰るときに気づいた今日のおすすめ。
持ち帰りもやってます。
IMG_0271.JPG

浜処 いっぷく 
山田町船越6-148-1 ビジネスインやまだ内
0193-84-4005
営業時間 17:00〜21:00
 (ランチ 11:30〜14:00)
 木曜日定休



(千)
posted by 山田町観光協会 at 16:39| Comment(0) | 食べ物

2018年08月31日

駅-1(えきいち)グルメ 夏号

三陸の旨いもの情報誌「駅-1グルメ」(三陸鉄道株式会社発行)。
夏号が発行されています。

IMG_0134.JPG

今回からはモデルが変わりました。
前回までの「さとちゃん」は小学生になりモデルを卒業。
これからも可愛いお二人がく紙面を飾ります。

夏号では山田町からは「三陸旬肴酒場 四季海郷(しきみさと)」さんと「うみねこ温泉湯らっくす お食事処」さんを紹介。

三陸旬肴酒場 四季海郷 さんの海鮮丼
おまかせメニューです。
IMG_0135.JPG

IMG_0153-2.jpg

うみねこ温泉湯らっくす お食事処 さんのどんこ御膳
(どんこの竜田揚げ・どんこのたたき・どんこ汁)
IMG_0136.JPG

IMG_0154-2.jpg

「駅-1(えきいち)グルメ 夏号」は山田観光物産館とっと内観光案内所にございます。
無料ですのでご自由にお持ちください笑い_m.gif

IMG_0137.JPG



(千)
posted by 山田町観光協会 at 12:25| Comment(0) | 食べ物

2018年04月19日

魚河岸さんがランチセット始めます♪

山田町の美味しいお食事に朗報ぴかぴか(新しい)

明日4月20日から魚河岸さんのランチセットが始まりますexclamation

DSC_0129.JPG

え?今までなかったの?と思ったあなた、確かにお昼時間帯も営業していますが、「ランチセット」は実はなかったのです。

明日から登場するランチセットがこちら黒ハート
さらにコーヒーが付きます喫茶店
DSC_0125.JPG

よく見ると、巻物はかっぱ巻きと鉄火巻き目
「並のにぎりセット」は”かんぴょう巻き”なので、ランチセットはお得感upですねグッド(上向き矢印)
DSC_0116.JPG

デザートは息子さんの手作り!
写真はバナナのパウンドケーキです。日替わりの提供となります。

DSC_0117.JPG

魚河岸さんのランチ、1,000円となってます。
時間は11:30〜13:30です。

他のメニューはこちらです。ご活用下さい。

DSC_0106-2.jpg

DSC_0108.JPG

DSC_0110.JPG

(千)
posted by 山田町観光協会 at 13:10| Comment(0) | 食べ物