岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2017年10月29日

ロボット教室

昨日10月28日(土)、コミュニティーセンター2階で富士通さんによる「家族ロボット教室」が開かれましたぴかぴか(新しい)
s-CIMG0394.jpg
震災の復興支援として始まったこの教室は東北各地で行われ、山田町は2014年にもあり、今回3年ぶりの開催となります。

s-CIMG0401.jpg
教室では、1.本体の組み立て→2.プログラミング→3.作ったロボットでのトーナメント の三段階を踏みます。

s-CIMG0412.jpg
こちらがロボットの部品です。
全部レゴブロックで出来ていて接着剤なども使わず、組み立てた後また元通りバラバラにできるのだそうです。
参加した子供たちの年齢はまちまちでしたが、みんな同じくらいの時間で組み立てていました。
う〜ん、すごい!

s-CIMG0410.jpg
白黒を読み取る命令を吹き込み、最終的には下のコースでレースを行います。

s-CIMG0403.jpg
まずはロボットの組み立てです。
一組に1人、富士通の職員さんや、県立大学、岩手技巧センター、県庁からのスタッフさんがインストラクターとして付き添ってくれます。

s-CIMG0424.jpg

s-CIMG0419.jpg

s-CIMG0427.jpg

s-CIMG0454.jpg
組み立てたら、車検(動作確認)です。うまく動くかな?

s-CIMG0481.jpg
続いて、プログラミングです。タブレットの中でロボットに動き方を作ります。

s-CIMG0494.jpg
これは「少し進む」という命令のようです。時間などを下の数字でいろいろ調節するそうですが、詳しいところはよく分かりません(^_^;)

s-CIMG0483.jpg
ロボットにタブレットからの線を繋ぎ、命令を送ったら外します。
これでロボットは「進む」という動作を覚えました。

s-CIMG0489.jpg
ロボットを床に置いて動作確認です。上のボタンを押すと少し進みました!

s-CIMG0493.jpg
残念ながら、時間の都合によりここまでです。

この後、さらに複雑な動作を教えたり、調整が入ったりして、レースが開催されたのでしょう。
プログラミングなど難しそうな部分も分かりやすく、見ていていいな、大人も参加したいな、と思ってしまいました。(*‘∀‘)
これを機にロボットの道に進む子も出てくるかもしれませんね。

富士通コンピュータテクノロジーズさん、また県立大はじめ協力していただいた皆さん、ありがとうございました。
(和)
posted by 山田町観光協会 at 15:46| Comment(0) | 行ってきました
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。