岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2015年11月19日

ジオサイト学習会

11月1日(日)山田町のジオサイト「豊間根川」についての学習会が行われました。
豊間根支所では三陸ジオパークの方からジオパークについての説明を聞いたり、東北大学名誉教授の永広昌之先生から三陸の大地の成り立ちについてなどのお話を聞きました。

豊間根川上流部は、ジュラ紀の付加体を見ることができるそうです。付加体とは海洋プレートが大陸プレートに沈みこむときに海洋プレートの上の堆積物がはぎとられて陸側の斜面に付加したもので、プランクトンの死骸などが固まってできた岩石と、珪質泥岩、泥岩が連なってできた地層だそうです。地層のまとまり(ユニット)は3つあり、泥岩にはマンガンノジュールを含んだものもあるんだとか。
IMG_3214s.jpg
IMG_3219s.jpg
IMG_3229s.jpg
IMG_3233s.jpg


実際に豊間根川上流にあるジオサイトに車で向かいます。
11月上旬の豊間根川上流は紅葉がキレイでしたぴかぴか(新しい)たまたま通りかかった方に「クマが出るから気をつけて〜。」と助言もありましたが、にぎやかに和やかに見学できました。
IMG_3240s.jpg


これがジュラ紀付加体。ここユニット2は覆瓦上構造(瓦状に積み重なっている状態)をしているそうです。
触ると簡単にポロッと取れました。思ったより軽かったですが、はるか昔のものだと思うと歴史の重みを感じますね〜
IMG_3244s.jpg
IMG_3245s.jpg


もう少し先に進むと、ユニット3にはマンガンがあるそうでみんなに見せようと斜面を探してくれました。皆さんハラハラしながら見守ります。
IMG_3256s.jpg
IMG_3267s.jpg


残念ながら見つからず、別のところからとってくれました。この黒い塊がマンガンだそうです。触ると手が黒くなりました。
IMG_3274s.jpg


紅葉を堪能しつつ自然の不思議とオモシロさを感じた勉強会でした。
IMG_3283s.jpg
(福)

posted by 山田町観光協会 at 15:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。