岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2014年11月25日

山田の戦争を知るつどい

sensou1.jpg

11月24日、山田町中央コミュニティセンターで「山田の戦争を知るつどい」(主催:岩手・戦争を記録する会)が開かれました。

戦争を知らない世代の私も当時の山田のことを知りたく、お話を伺いました。

壁には資料パネルが展示してあります。

1.JPG

山田空襲の被害の写真。
壁などに穴が開いています。
2.JPG

昭和20年7月14日および8月9日の両日、釜石市は空襲、艦砲射撃を受け甚大な被害を被りました。
日を同じくして山田町も空襲を受けました。
「7月15日正午過ぎ、織笠字跡はま海岸が飛行機により空襲、家屋3戸が焼失、崩壊する。8月9・10日、山田湾に停泊していた海軍一号掃海艇が爆撃され、戦死者を出した。また大沢海軍航空基地が爆撃された。市街地は損害軽微」(当日資料より)

3.JPG
8月9日に爆撃された「海軍一号掃海艇」

大沢には海軍航空基地があり、水上飛行機が飛び立ち空から潜水艦を捜索するなど沿岸警備をしていたそうです。
昭和18年に山田湾を基地として設置されたのが北三陸部隊という沿岸掃海部隊でした。
現在の山田道路I・C付近(親和会への登り口)に兵舎や本部が建設され、裏山には防空壕が作られました。

「震災で沈む旧海軍水上飛行機滑走台」を語る鬼山親芳さん(毎日新聞記者)

8.JPG

水上飛行機滑走台はコンクリート製で大沢地区に北から南に向かって作られました。(幅20m、長さ不明)現在は海に沈んでいます。(震災後さらに沈みました)
戦後は日東捕鯨が鯨を引き上げるために活用したそうです。

また山田、宮古沿岸にはたくさんの商船が沈んでいると言われています。

「小学生の見た山田湾海戦」を語る田村剛一さん(山田町議会議員)
9.JPG

防空ずきんをかぶり逃げる訓練をしたことや防空壕作り、山田町上空を飛ぶ飛行機を見た思い出を語りました。

4.JPG
関谷に建立された「鎮魂之碑」と「慰霊之碑」

7.JPG

北三陸部隊防空壕、903航空隊防空壕、903航空隊斜路跡、掃海艇鎮魂之碑の場所は下の地図の通りです。
sensou.jpg

戦後70年、歴史の遺物を訪ねて山田を歩いてみてはいかがでしょうか。


(千)
posted by 山田町観光協会 at 16:49| Comment(7) | 行ってきました
この記事へのコメント
私の父が山田町出身です。
父は大沢の飛行機や、山田湾内で軍艦が空襲された時のことをよく話してくれました。
父からはもっと多くのこと聞きたかったのですが、残念ながら他界してしまいました。

ところで、掲載されている「一号掃海艇」の写真ですが、これは誤りです。
写っているのは駆戦艇という種類の船です。
この駆戦艇も山田湾に配備され、一号掃海艇と共に行動していました。

父の話によると、掃海艇は細長く、駆戦艇に比べてとてもスマートな船だったそうです。

北三陸部隊の船が湾内で攻撃を受けた時には町の人たちが漁船を出して負傷者を収容し、病院に運んだそうです。
乗組員の多くが10代の若者で、機銃掃射を受けて甲板上で次々と倒れていく姿はとても可哀想だったそうです。
Posted by 船越太郎 at 2015年08月09日 09:20
> 船越太郎様
お父様のお話、私もお聞きしたかったです。掃海艇についてもご意見ありがとうございました。駆潜艇には山田町史には詳しく説明されているのかどうかここではわからないのですが、こうやって一つ一つ史実に基づき改変されていければと思います。貴重なお話ありがとうございました。
Posted by 観光協会 at 2015年08月15日 16:14
駆潜艇の「潜」の字を間違えて「戦」と書いてしまいました。大変申し訳ありません。

父は7月の釜石艦砲射撃の日に、小舟で駆潜艇に遊びに行っていて、空襲に巻き込まれたと話していました。調べてみたところ、その日に山田湾に在泊していた駆潜艇は第47号だということがわかりました。
写真も第47号の同型艇のようです。

8月10日の空襲では第一号掃海艇の他に、第六号掃海特務艇も沈没しているようです。
(この船の名前は関口川の慰霊碑にもあります)

他にも、
山田湾外で漁をしていた漁船が浮上してきた潜水艦から銃撃を受けた話、
とどヶ崎灯台が空襲で炎上し、煙突のように煙を吐いていた話、
7月の空襲の時に北三陸部隊が大浦湾に避難したところ、海岸付近の民家にも爆弾が落ちて被害が出たため、8月の空襲ではあえて民家のない明神崎に移動し、そこで全滅したという話、
後の南極観測船「宗谷」が潜水艦に追われて山田湾に逃げ込み助かった話など、
山田にまつわる戦争の話はたくさんあります。
当時を知っている方々がご健在なうちに改めて記録を残す作業が行われて欲しいと感じます。

長文失礼致しました。
Posted by 船越太郎 at 2015年09月13日 14:04
>船越太郎様
駆潜艇に関する詳しい説明ありがとうございました。とても貴重なお話だと思います。
上記のブログ中で「小学生の見た山田湾海戦」を語る田村剛一さんはHP「山田伝津館 http://denshinkan.jp/」を開設しています。連絡を取ってみてはいかがでしょうか。より詳しく当時の記録を残せるかもしれません。
Posted by 観光協会 at 2015年09月14日 10:58
初めまして。
とりと申します。
貴町にあった水上機基地について調べていてたどり着きました。
滑走台の具体的な大きさ、震災で更に沈んだこと等、どこにも触れられておらず、全く存じませんでした。
是非拙ブログにリンクを貼り、内容紹介させて頂きたいのですが、如何でしょうか?
可否お知らせ頂ければ幸いです。
Posted by とり at 2018年06月23日 11:21
>とり様
初めまして。ご挨拶ありがとうございます。
ブログのリンクの件、了解しました。
とことこ日記のURLもついでに載せていただければと思います。
では。
Posted by 山田町観光協会 at 2018年06月24日 17:30
山田町観光協会様
早速のご連絡ありがとうございました。
週末記事編集し、URLも載せるように致します。
どうもありがとうございました。
Posted by とり at 2018年06月26日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。