岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2015年11月16日

鮭まつりのお知らせ

11月29日(日)山田魚市場特設会場にて魚だよ。魚_m.gifやまだの鮭まつり魚だよ。魚_m.gifが開催されます!時間は午前9時〜午後2時。
キャプチャ.JPG

今年の鮭のつかみどりは抽選となっております。
参加人数 抽選で200名様
1回50名様で、10:30,11:30,12:30,13:30の4回の実施となります。

参加方法は、9:00〜10:00に希望者の方に抽選券を配布。
10:00から抽選会を行い参加者を決定します。(当選順に200名様を各回に割り当てます)

参加料 1人1000円(1人につき1尾まで)
※鮭の遡上状況により、つかみどりが中止になるか、回数を減らして実施する場合があります。

3.JPG


また、えびすまきや、生鮮鮭や新巻鮭などの物産販売コーナー、はらっこうどんなどの食堂コーナーお楽しみ抽選会もありますよるんるん

みなさまぜひ、やまだの鮭まつりにお越しください(*^▽^*)

お問い合わせは、山田町役場(水産商工課)電話1(プッシュホン)0193-82-3111/Fax0193-82-2302
山田町観光協会 電話1(プッシュホン)0193-84-3775までお願いいたします。
posted by 山田町観光協会 at 14:24| Comment(1) | お知らせ

2015年11月15日

やまだの100円商店街

昨日は「やまだの100円商店街」の日かわいい

境田の仮設商店街に行ってきました。

1.JPG

お買い得な商品がすべて100円です。
108円じゃなくて100円玉1個で買えちゃう。

4.JPG

5.JPG

6.JPG

2.JPG

3.JPG
ジャンケンで勝ったら商品が増えるよ〜

7.JPG
フライドポテトとトルネードポテトは子どもたちに大人気

それぞれのお店が工夫をこらした商品が一杯でした。
お店の人と楽しく交流しながらのお買物は楽しいですねわーい(嬉しい顔)


(千)
posted by 山田町観光協会 at 15:22| Comment(0) | 日記

2015年11月14日

「山田饅」レシピ発表会

昨日11月13日(金)、山田町コミュニティセンターで「山田饅レシピ発表会」が開かれました。

1.JPG

釜揚げ屋さんと山田特産品協同組合組合員の芳賀隆さんの椎茸、牡蠣生産者中村敏彦さんが連携し、皮には岩手県産小麦ねばりごしを使用しまるごと山田の美味しさを表現することができる新しい商品を開発しました。

16.JPG
左から 芳賀さん、小野寺先生、川村さん、中村さん

コミュニティセンター内の調理室で調理デモンストレーションしながら説明をしてくださるのは
岩手県食のプロフェッショナルアドバイザー、小野寺恵先生です。

3.JPG

4.JPG

手早く進めていきます。
大きいボールを使い、大きく混ぜる。水を3回に分けて入れることで均等にきれいに混ざります。

よくこねた生地をラップにかけて一次発酵。
(下の画像のボウルに入っている大きさで14個つくれるそうです)

6.JPG

一次発酵終了後、分割し丸く形を整えその後ベンチタイム。

7.JPG

いよいよ中身を詰めます。

9.JPG

なんと牡蠣一個まるごとイン!(オイル煮したもの)
きざんだ椎茸と筍と牡蠣も入れて包みます。

10.JPG

「く、口が閉まらない」「ああっ」悪戦苦闘しつつも完成。

11.JPG

成型後仕上げ発酵。

12.JPG


蒸し器で10〜15分蒸して完成晴れ

13.JPG

口が開いちゃいましたが大丈夫、食べられます(・∀・)

14.JPG

一口食べて「美味い!」ぴかぴか(新しい)
「美味しい」以外言葉が出てこないのです。「山田饅」すごい。
牡蠣の風味と椎茸と筍のコリコリ感、これ絶対美味しい。

年明けには釜揚げ屋さんで発売予定なそうです。
原材料全部「山田産」の「山田饅」、楽しみですねわーい(嬉しい顔)

(千)

posted by 山田町観光協会 at 13:56| Comment(0) | 日記

2015年11月13日

豊間根トンネル貫通祭

10月16日に貫通した豊間根トンネル、その坑内にて

「豊間根トンネル貫通祭」が11月8日行われました。

トンネルの中でのお祭りでするんるん

工事見学という機会をいただいて何度かトンネル内に足を運びましたが、よく考えると「工事中のトンネルの中に入る」って人生でそう多くあるものじゃないです。
ましてやトンネル内のイベントに行けるのももしかしてこの一回かもしれません。
というわけで行ってきました「貫通祭」。

1.JPG

奥にずずずっと入っていきます。
中にも駐車スペースがありました。

2.JPG

奥まで進んで振り返ってみたところです。
ステージ、その前にはパイプ椅子200席、テーブルはお振る舞いをいただくスペース。

3.JPG

その手前にあるプロジェクターは貫通時の映像を映していました。

スクリーン.JPG

司会は「住みます芸人」のアンダーエイジのお二人ですカラオケ

4.JPG

国土交通省東北地方整備局三陸国道事務所 佐々木監督官の挨拶でいよいよ貫通式の始まりです。

5.JPG

一番手は豊間根保育園児たちによる「YOSAKOIソーラン」人-こども女の子.gif人-こども男の子.gif
めんこい!かっこいい!後ろでヤマダちゃんとたけちゃんも踊ってます。

6.JPG7.JPG

次は豊間根中学校生徒さんの「鶏舞」と「剣舞」。
昭和44年から指導を受け郷土芸能の継承・保存取り組んでいます。

8.JPG

9.JPG

そしてアンダーエイジ(吉本興業)
ネタと共に次の境田虎舞まで時間があったのでたくさんたくさんめっちゃたくさん喋ってくれました。

10.JPG

11.JPG

境田虎舞
聞きなれた節なのにいつも新鮮に感じるのはなぜ。
12.JPG

13.JPG

山口太鼓
トンネル内に太鼓の音が響き渡り迫力いっぱい。今年で43周年なそうです。

15.JPG

16.JPG


貫通祭を企画した東急建設株式会社 安野所長さん挨拶

17-1.JPG

お振る舞いスペースではおしるこをいただきました。

おしるこ.JPG

貫通点の石をお守りにぴかぴか(新しい)
もちろん無料です。

石のお守り.JPG

これは「貫通石」といって故事により安産の石と称し珍重されているそうですよ顔+笑_m.gif

お守りの中に入っていた書付(と呼ぶの?)に「安産の石の由来」が書いてございます。
お守りの中を開けてみるにちょっと迷いましたが、石を入れてくれるところを見ているしいいか、と中をよく見たら入っていました。
お守り.JPG

当日は小雨という天気でしたが、トンネル内は天気関係ないですもんね。
お祭りには180人ほどいらしたそうです。参加者もプラスすると400人以上。
盛り上がったーよかったー。

東急建設株式会社の皆さん、楽しい時間をありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

(千)
posted by 山田町観光協会 at 13:05| Comment(0) | 復興道路

2015年11月12日

一里塚を歩こう

町内には石峠・田名部・間木戸・龍泉寺・萩野平の5か所に一里塚があるそうです。一里塚は宮古から大槌に向かう道に一里(約4キロ)ごとに作られているものだそうです。間木戸の一里塚は残念ながらなくなってしまったようなのですが…
でも、他の所にはまだある!どうせならその一里を歩いてみようと思い、石峠〜田名部までの一里塚を歩いてみました。といっても、昔の方々はどの道を通っていたのかはわからないので、田名部一里塚を目指して道なりに進みます。

まずは、石峠の一里塚から
看板があるのでわかるけれど、何もなければ気づかないだろうなあと思いました。江戸時代の人はこの一里塚を目印に旅をしていたんですね。
IMG_3298s.jpg
キャプチャ.JPG


この石碑を左手に見て進みます。
IMG_3300s.jpg


この日は秋晴れのいいお天気で、のんびりお散歩日和でした。
IMG_3304s.jpg


石峠橋を通ると、鉄橋に何かいる?
IMG_3316s.jpg

魚を探しているのか、日向ぼっこしているのか…カワサギ?ものんびり過ごしていました。
IMG_3317s.jpg


一度国道を通過し、再び町道を進むと、ここにも石碑群がありました。
IMG_3325s.jpg


これは道標なのでしょうか?字が読み取れませんあせあせ(飛び散る汗)
IMG_3328s.jpg


また石碑が!たくさんありますね。
IMG_3337s.jpg


国道を左手に見ながら進み、以前バスが通っていたというこの道をしばらく歩くと田名部の一里塚が見えてきました!ここまで約1時間の道のり。意外と一里はお散歩するのにはちょうどいい距離ですね。いつかまたチャンスを狙って萩野平一里塚を目指して歩いてみたいと思いまするんるん
IMG_3355s.jpg
IMG_3356s.jpg
(福)

posted by 山田町観光協会 at 17:07| Comment(2) | 日記