岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2015年10月10日

町民芸術祭と図書館まつり開催中!

本日より3日間、町民芸術祭が開催されています自然-もみじ_m.gif
会場は山田中央公民館、中央コミュニティセンター、保健センターの3か所です。
CIMG1026s.jpg

中央公民館では書道や絵画などの作品が展示されています。
CIMG1029s.jpg
CIMG1035s.jpg

また町内から出土された土器なども展示されていました。
CIMG1034s.jpg

押し花でのしおりづくりのコーナーもありました。オリジナルのしおりを皆さん真剣に楽しそうに作っていました。
CIMG1038s.jpg

偶然にも町長さんが来場されていました。町長さんも作品を出展されているそうですよるんるん
CIMG1027s.jpg

保健センターには手芸や写真作品など
CIMG1057s.jpg

かわいいですね顔-かわいい_m (1).gif
2.JPG

中央コミュニティセンターには生け花の作品が展示されています。
CIMG1049s.jpg

またコミセンでは、図書館まつりも開催されています。
貴重な絵図や海図あり、マンガコーナーには新しそうなものや懐かしのマンガまであり、子どもも大人も楽しめそうでした。自分も読みたかった…
CIMG1052s.jpg
キャプチャ.JPG

方言クイズや、昭和43年の山田の地図を使ってのクイズなども行われています。
昭和43年…かろうじて生まれていない自分には知らないお店もありました。山田にも○○○があったんだぁ顔-びっくり_m.gif
CIMG1045s.jpg

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね顔-キラキラ_顔文字_m.GIF
クイズに正解すると、本のプレゼント券やコーヒー無料券などがもらえます。
この中から好きな本がもらえます。どれにしようか…じっくり選べます。
CIMG1050s.jpg

コーヒー無料券は、外の移動図書館カフェでの交換です。飲み物はコーヒー、お茶、ココアの中から選べます。
今日は暖かいので、コーヒーを飲みながら外でのんびりくつろげました食べ物-コーヒー_m.gif
CIMG1053s.jpg
町民芸術祭も図書館まつりも12日(月)まで開催されていますので、みなさまのご来場お待ちしております(*^-^*)

posted by 山田町観光協会 at 16:48| Comment(0) | 行ってきました

豊中2年生 橋桁架設作業見学

10月5日(月)は、豊間根中学校2年生24人が(仮称)豊間根川橋の架設作業を見学しました。

昨日は豊間根保育園児さんたちが訪れた所ですね。数日前に中学生のお姉さんお兄さん達も勉強に来ていたのです顔だよ。笑う_m.gif


1.JPG

(仮称)豊間根川橋は山田宮古道路の豊間根川をまたぐ延長95mの橋です。
今年2月17日から工事が始まり、平成28年3月完成予定です。

豊中生徒の皆さんはクレーン桁架設作業を見学、ボルト締め付け体験を行いました。


2.JPG
2-1.JPG

既にここまで出来上がっています。間にあるブルーの足場の様なものは「ベント」といいます。橋台と橋脚の間に設置し桁架設を補助します。

到着した豊中の皆さん、挨拶の後説明を受けます。

3.JPG
国土交通省東北地方整備局三陸国道事務所建設監督官 佐々木さん

3-2.JPG
株式会社東京鐵骨橋梁(とうきょうてっこつきょうりょう)の工事責任者の上床(うわとこ)さん

実際、現場での作業は9月から始まったのですが、それまでは茨城県の取手市にある工場で、橋桁の製作を行っていました。工場で作った橋桁は、大きなトレーラーに乗せて現場まで運んできたそうです。


150tクレーンによる桁架設作業の様子をコマ送りで。

4.jpg
グイイイイイン

鉄板の左右に結ばれたロープで揺れを調節しています。
桁と桁は「高力ボルト」というネジで連結されます。豊間根川橋では「高力ボルト」を1万8千本使うそうですよ。

5.JPG
手作業で取り付け中

ここまでご覧になって「ん?桁がすでにさびてるんじゃないの?」と感じた方、正解です。
「耐候性鋼材」といってわざと「さび」を発生させてそれ以上さびないような材料で作られているのです顔だよ。笑顔_m (1).GIF
今は汚れているように見えますが、数年後…10年から15年で安定さびに変化し、光沢のある色になります。

↓の画像の左側のような色合いに。
7.JPG

「耐候性鋼材」を使用することによって数年に一度塗装しなおすこともなくなるので長い目で見るとコストを抑えることになります。
数年かけて徐々に変化していくので写真にとって後で見比べてみるのもいいですね。


続いて桁と桁を連結する「高力ボルト」の締め付け体験。

8.JPG

9.JPG

ボルト1個は450gほど。ずっしり重いです。機械で締め、上の部分が2p切断されて「締まった」ことになります。
10.JPG

その後は高所作業車に乗り、10mの高さの「現場からの視点」を体験しました。

こちらもコマ送りでゴゴゴゴゴ
11.jpg

12.JPG

わー高ーい
14.JPG

テンション上がったところで見学終了ー

ご挨拶。

15.JPG

豊中生徒からエールを送られました。

16.JPG

最後に記念写真カメラ

17.JPG

皆さんお疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)

(千)
posted by 山田町観光協会 at 09:58| Comment(0) | 復興道路