岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2015年07月22日

石峠U遺跡

7月11日(土)石峠U遺跡の発掘調査の説明会がありました。場所は、石峠地区の豊間根川に流れ込む荒川川左岸の辺りになります。近くには中世の城館跡である「内館遺跡」があります。
石峠U遺跡は三陸沿岸道路の建設工事に先立って行われている調査で、3年にわたって行われ今月末で調査終了予定とのことでした。3年間の調査で縄文時代の竪穴住居跡が150棟見つかり、約4500〜4000年前の縄文時代中期後半のものが最も多く発見されているそうです。
また、「石峠」というだけあって、石が多く見つかっているそうです。縄文土器がコンテナで約90箱に対して、石器は約350箱。普通はこの逆になるそうです。
IMG_2281s.jpg
IMG_2333s.jpg

調査をする際、この地層の土の色の違いを見ているそうです。調査員さんの膝当たりの黄色い土は、5500年前に噴火した十和田湖の火山灰だそうです。大規模な噴火があったということを知らなかったので驚きました。
IMG_2285s.jpg

陥し穴。底に見える並んだ穴は仕掛けの穴だそうです。この遺跡で2つの穴がきれいに残っているのは珍しいようです。
IMG_2318s.jpg

複式炉
IMG_2301s.jpg

こちらの竪穴住居跡では、炉を細長い川原石を並べ綺麗に装飾されています。このようになっているのは石峠遺跡ではここだけだそうです。
IMG_2295s.jpg
IMG_2296s.jpg

ここでは鉄製品が作られていたそうです。山田、宮古、大槌の地盤は花崗岩だそうで、花崗岩が風化して砂鉄がとれて、花崗岩をふるいにかけると粘土もとれるそうです。周りは山なので燃料もあり…ということで鉄をつくる材料がそろっていたそうです。
IMG_2304s.jpg

この竪穴住居跡からは、四角い穴のところから大きな土器が発見されたそうです。
IMG_2299s.jpg

石峠U遺跡で発見された遺物です。
IMG_2325s.jpg
IMG_2324s.jpg
IMG_2326s.jpg

さらに、お墓と骨が見つかっているそうです。状態がよければ復元できるとか。はるか昔のご先祖様がどのような方だったのか、わかるかもしれませんねぴかぴか(新しい)
IMG_2320s.jpg
(福)
タグ:復興道路
posted by 山田町観光協会 at 17:03| Comment(0) | 史跡