岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2015年05月20日

鞭牛和尚の碑探訪(織笠新田)

少し前になりますが、3つ目の鞭牛碑を探しに織笠の新田(しんでん)へ行ってきました。(前回の鞭牛碑)
途中で鳥居を発見したのでちょっと寄り道です人-棒人間+-動く-_m.gif
CIMG7753s.jpg

牛頭天皇…読めない顔-キモカワ_m.gif調べてみたら「ごずてんのう」と読むようです。寛政十年建立されたもののようです。(山田町史参照)キレイな朱色だったので新しいものかと思ったのですが、だいぶ歴史のあるものなんですね。
CIMG7757s.jpg
橋を渡り進んで行くと
CIMG7725s.jpg

小さい鳥居もありました。
CIMG7732s.jpg

「たぬき八相」なる看板が。四.お腹の出ている…に親近感を抱きつつ、あの笠をかぶった置物があるのかとあたりを探してみましたが、それらしいものは見当たらず、山の中なのでもしかしたら本物のタヌキ様がでるのかもしれませんねるんるん
CIMG7733s.jpg

寄り道もそこそこに、本来の目的である鞭牛碑を探しに進みます。ここでまさかの分かれ道…悩んだ挙句、シッポの方へ行ってみましたが、ハズレでした顔-ガーン…_m.gif
CIMG7735s.jpg

気を取り直して、鯨山登山織笠小学校遠足コースを進みます。
CIMG7736s.jpg

しばらく歩くと大きい石が…ん?
CIMG7740s.jpg

ありました顔だよ。笑う_m.gif落ち葉で下の方は埋もれていますが、石の下には「牧庵鞭牛」と書かれているのが見えます。
CIMG7746s.jpg

鞭牛和尚は、織笠新田から鯨山の東麓を通り波板にぬける道を開削しました。こちらは明和二年二月二十八日の「道供養碑」で、大きさは縦横二メートルもある鞭牛碑最大のものになります。茂平の押立石とも呼ばれています。(山田町史参照)
CIMG7743s.jpg

もともとあった石に刻んだものなのか、ここまで運んできたものなのか…不思議ですねぴかぴか(新しい)
CIMG7744s.jpg
(福)
posted by 山田町観光協会 at 16:20| Comment(0) | 史跡