岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2014年10月02日

山田第2トンネル工事見学

復興道路現場見学4回目工事中_m.gif
今回は、熊谷組JVさんの「山田第2トンネル工事」に行ってきました。

案内してくれたのは、熊谷組JVの高橋さんと小西さんです。
写真を一枚…と、お願いしたところ「えーっ」と言いながらも、引き受けてくれました。
とても穏やかなお二人ですわーい(嬉しい顔)
職員さん.jpg

現場事務所は、ブナ峠の45号線沿いにあります。
宿舎も併設されているんだそうです。
事務所.jpg


ヘルメットと反射ベストをお借りして、いざ、現場へ乗り物だよ。ショベルカー_m.gif
場所は、下田名部辺りになります。
キャプチャ2.JPG

現在作業している所は崩れやすいため慎重に作業を進めなければならないそうです。
下の図の赤い部分です。青いところに近づくにつれて、どんどん固くなっていくと作業は進むようです。
キャプチャ1.JPG


こちらは30tダンプです「汚れてて…」と気にされているようでしたが、その汚れもまた、ダンプのかっこよさを引き立てるんです顔だよ。笑う_m.gif
30tダンプ.jpg

トンネルの左上についている筒状のもので、トンネル内に新鮮な空気を送り込むようになっているそうです。
作業される皆さんはファン付のマスクも持っていました。
空気送り込み.jpg

さらにトンネルの上には、御神木が祀られています。
山は女性の神様だから、以前は現場に女性が入ることにも、許可が必要だったそうです。
山の神様.jpg

さて、トンネル工事の内容ですが、
@ダイナマイトを入れる穴を掘る
A穴にダイナマイトを入れる
B爆破
C砕いた岩を運び出す
D鋼製の支えの設置
Eコンクリートの吹き付け
Fロックボルト設置
と、なっています。この作業を1日4回繰り返し、なんと24時間作業するんだそうです。
詳しい工程はこちらをご覧ください→http://yamada2t.racms.jp/product001/

では、トンネルの中へ…
トンネル入り口.jpg

こちらは、@Aの作業をされています。
このジャンボという重機がまた、カッコいいんです顔だよ。目がハート_m.gif
火薬つめ.jpg
CIMG4348s.jpg
一仕事した直後のジャンボです。
ドリフタージャンボ.jpg

Bで使用する爆破スイッチです。
このただの箱のようなものが…と思うとドキドキですね。
爆破スイッチ.jpg

こちらが、火薬になります。
火薬.jpg

爆破の前にはトンネルの外へ…
トンネルから離れ、建物の陰に隠れて待ちます。
そして、爆破の1分前にお知らせが流れ、カウントダウン→「点火」→ボンっ→終了のサイレンとなります。

だいたいこのくらいの位置で待機していました。
爆破後.jpg

爆破後のトンネル内です。
Cの作業になります。30tダンプが予想以上に早く動いてステキでした顔文字☆きゅん_m.gif
爆破後トンネル内.jpg

CIMG4392s.jpg
トンネル工事はまだまだ続くんですが一度の作業工程を全て見学するのは半日くらいはいるそうで、今回はこの辺で…となりました。


ちなみに、Bの作業になるまで、ちょっと時間があり、その間にトンネルの外に見晴らし台を発見ぴかぴか(新しい)
もちろん、上りましょう棒人間+-動く-_m.gif
見晴台.jpg

宮古方面の現場が見えます。
大分、切土も進んでいるそうです。
見晴台上.jpg

右方向を見ると、国道45号が見えました。
こうしてみると、ブナ峠は高い位置にあるんだなあとしみじみ思いました。
45号.jpg

お忙しい中、見学させていただいてありがとうございました笑顔+笑_m.gif

怪我のないよう気を付けてこれからもよろしくお願いしますおじぎ_m.gif

現場のお仕事や工事の進捗状況など興味のある方は、
三陸国道事務所 総務課 地域づくり担当0193-71-1711 へお問い合わせください。

(福)
posted by 山田町観光協会 at 14:39| Comment(0) | 復興道路