岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2014年05月22日

阿部将翁生誕の地

とことこと豊間根を歩いていたらたどり着いた場所です。

CIMG0991.JPG

「阿部将翁生誕の地」と刻まれてます。

CIMG0990.JPG
画像クリックで大きな画像を表示できます。

「阿部将翁(あべのしょうおう)」について「山田町史」にも記されています。以下転載

「名前は輝任、幼名を友之進と称し豊間根村に生まれたといわれる。
大阪に向かう途中暴風に遭遇し、中国の港に漂着し、広東を経て杭州に渡り、福建で一八年間滞在中医学と本草学を学んで帰国したといわれる。
八代将軍吉宗に任用され、享保年中幕府に命ぜられ国内を回り、薬草八百五十八種、鉱石五十二種目を発見し、幕府に報告している。享保十三年(1728年)将軍吉宗は、薬植場として三十間堀の地に、九百五十坪を設けて、将翁にこの管理と薬草採製をおこなわせた。
また釜石地区内の磁鉄鉱に日本一の折紙をつけたといわれる。
「山田町史 上巻 人物編」より


なお、「採薬使記」「御薬草御用勤書覚」などの書物を残しており、国立国会図書館デジタルコレクション(http://dl.ndl.go.jp/)で見る事が出来ます本

奥に入ります。

CIMG0992.JPG

CIMG0994.JPG

手入れされた庭木
CIMG0993.JPG

手前にまた案内板が

CIMG0995.JPG

家屋の横に回り込むと御社がありました。

CIMG0998.JPG

CIMG1002.JPG

CIMG1001.JPG

CIMG0999.JPG

CIMG1000.JPG

兜石と阿部将翁の関係等詳しいことはわかりませんでしたが

歴史のロマンを感じますぴかぴか(新しい)


CIMG1003.JPG

(千)
posted by 山田町観光協会 at 17:48| Comment(0) | 史跡