岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2014年01月31日

明日、壮行会があります

明日から2月。早いですね(^^)

3月7日から16日まで行われる、ソチ冬季パラリンピックの開催も近づいてまいりました雪
道の駅やまだにも、山田町出身の阿部友里香選手を応援する横断幕が掲げられています!
DSCF3204-2.jpg


友里香選手のパラリンピック出場のお祝いと、活躍を応援するため、明日、壮行会が開催されます手(グー)ぴかぴか(新しい)

日 時:2月1日(土)午後2:00〜受付開始、午後3:00開会 
場 所:山田町中央公民館
参加費:大人3,000円、高校生以下500円


壮行会は立食パーティー形式で行われ、参加費の一部は友里香さんへの支援金にあてられます。
当日参加も受け付けますので、友里香さんを応援したい!という方、ぜひご参加下さい(^_^)/


壮行会についてのお問合せは、山田町教育委員会生涯学習課(0193-82-3212)までお願いいたします。
(佐)
posted by 山田町観光協会 at 13:55| Comment(0) | お知らせ

2014年01月30日

会員さんご紹介〜川秀〜

今日の会員さんご紹介は、川秀さんです(^_^)/

川秀さんは、震災で7つの工場が被災し、現在、4つの工場が復興しています。
今日は、津軽石の工場におじゃまさせていただきました車(セダン)
DSCF3181-2.jpg


作業の様子を、見せていただきました目
塩蔵わかめが作られています。
DSCF3151-2.jpg


仮設ですが、設備はしっかりしていて、とても清潔な工場でした。
ワカメの水分・塩分などの検査もしっかりと行われているため、いつも安定した品質で出荷できるそうです。
DSCF3162-2.jpg


川秀さんが自信をもっておススメする、塩蔵わかめですぴかぴか(新しい)
山田の方にはおなじみのパッケージですね(*^_^*)
DSCF3147-2.jpg



こちらの乾物、「刻み干しめかぶ」「しそひじき」なども人気の商品ですグッド(上向き矢印)
パッケージは光を通さないものだそうで、夏場などのご贈答品としても喜ばれそうですねわーい(嬉しい顔)
(中身はご希望にあわせて色々と変えられます)
DSCF3150-2.jpg

昭和の初期に、大浦でワカメなどの海藻加工を営み始めたのが、川秀さんの始まりだそうです。
お客様の「美味しかった」の声に応えるために、これからも頑張っていきたいとお話してくださいました。

商品についてのお問合せは
0193-83-1733 川秀 までお願いいたします。
(佐)



posted by 山田町観光協会 at 16:16| Comment(0) | お店紹介

2014年01月29日

たけちゃん&やまだちゃん ぷちたおる

このたび道の駅やまださんから、山田町のゆるきゃら「たけちゃん」「ヤマダちゃん」のグッズ第二弾が出ました揺れるハート
CIMG0600-2.jpg
今回はぷちタオルです。

開くとこんな感じです。かわいいですね〜(*^_^*)
CIMG0612-2.jpg

表はさらっとガーゼ、裏は柔らかいパイル(タオル)、綿100%の日本製です。
CIMG0606-3.jpg
二重になっているので、水をよく吸ってなかなか使いやすそうです。

大きさは25×25cm、4つ折りするとCDケースと同じくらい、という大きさです。
CIMG0616-2.jpg

ぷちたおるは、1個420円で道の駅やまださんで売っています。
CIMG0599-2.jpg
お土産に、普段使いに、いかがでしょうかるんるん(^_^)/
(和)
posted by 山田町観光協会 at 14:48| Comment(2) | お知らせ

2014年01月28日

友さんがラジオ出演します

以前にこちらのブログ(http://yamada-kankou.sblo.jp/article/72422378.html)でもご紹介させていただきました、山田町のシンガーソングライター“友”さんが、今週の土曜日、ラジオに出演されます!
DSCF3146-2.jpg


NHK仙台ラジオ「サバトセーラ東北」
《大漁旗を揚げたい!〜三陸の漁師シンガー“友”さん〜》

放送日時 2月1日(土)18:00〜18:50
NHK−FM(エリア外の方は、NHKネットラジオ「らじる★らじる」でお聴きいただけます)
ゲスト あんべ光俊さん

番組のHPはこちらです
http://www.nhk.or.jp/sendai/sabatosera/



昨年末、友さんのCDを販売しているご縁で、道の駅やまだで収録が行なわれました!
道の駅やまだの副支配人と、私たち観光協会スタッフも、友さんの応援団として参加させていただきました(^_^)/
CIMG0376-2.jpg
「ぜひ、みなさんに聴いていただきたいです!」と、友さん。
漁師の目線で書かれた、友さんの歌詞には、考えさせられるものがあります。
みなさんで、友さんを応援しましょう!
(佐)
posted by 山田町観光協会 at 13:25| Comment(2) | お知らせ

2014年01月27日

山田湾・船越半島の成立と人々の暮らし

先週23日、中央公民館で山田町ジオパーク学習会が開かれました。
テーマは「山田湾・船越半島の成立と人々の暮らし」です。
CIMG0561-2.jpg

講師の米地文夫先生が、山田及び三陸海岸の地形と成り立ちについてお話してくださいました。。
CIMG0563-2.jpg
まずは船越半島の赤平金剛を見たよ、陸からでも船の上からでもなく、飛行機で日本に帰って来るときに8000m上空から、というお話にびっくりですexclamation
そして、山田湾の地形を表現する時、「典型的なリアス式海岸」と表現する事が多いですが、リアス式は横に伸びるギザギザのV字型であって、こんな丸い湾は「典型」ではないですよ、と言われ、またまたびっくりですexclamation×2
CIMG0565-2.jpg


三陸の海岸線は南北で違う顔を見せます。
おおよそ宮古辺りを境に、北は雄々しい断崖、南は深く入り組んだ静かな入江が続きます。

一方で地面の下は、北の付加体※で出来た土地と南のはるばる遠方からやって来た古代大陸の断片とに分かれます。
CIMG0567-2.jpg
どういう事(@_@;)???となるのですが、元々南北に伸びていた地層に、古代の大陸のカケラがやって来てぶつかった、という感じでしょうか。(上写真、緑が元々の地層、肌色が大陸の断片です)

山田は北側の地層の上に乗っています。
けれど、湾の形は南側の延長のもの、という不思議な位置にあります。
CIMG0568-2.jpg

大陸の断片という「お客様」がやって来た影響は地形にも現れています。
この辺りの地層には、どうも上方向と斜めの2方向の力がかかっているのだそうです。
CIMG0583-2.jpg
そして、山田湾は2方向の力が働く、交差した位置にあるようなのです。
典型ではない丸い湾、リアス式と呼ぶには斜め過ぎる三陸南側沿岸に、「ヘイ(閉伊)海岸」としては?とおっしゃっていました。

他にも、付加体(ふかたい)とは?や、赤平金剛のお話、宮沢賢治が山田町はじめ三陸沿岸に来ていたことなどなど、いろいろな事をお話して下さいました。

CIMG0595-2.jpg
最後は質問タイムは活気のあるものとなりました。
景観・観光と産業、復興との兼ね合いの難しさには頭をかかえてしまいますね。
そんな中でも、シーズンから外れた時期にいらしたお客様にもその時期の別の良い面を見せてあげること、そのためには日頃の勉強が必要じゃないか、というお話にはなるほど、と思いました。

米地先生、ありがとうございました。
(和)



※付加体とは、海溝でプレートがぶつかり合いながら地中に沈み込むとき、もう一方のプレートに削られて残された、海底表面のいわゆる「削りカス」です。
先生はもっとロマンチックに「お土産」と表現されていました。
CIMG0569-2.jpg
付加体は長い年月をかけて積もり、やがて海面から顔を出します。
付加体の地層には、鉄やマンガンといった鉱石が含まれていて、釜石の鉄などがそうです。
海からの恵み、まさに「お土産」ですね。
posted by 山田町観光協会 at 17:56| Comment(0) | 行ってきました