岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2013年07月17日

畠山遺跡A

昨日に引き続き畠中遺跡です(^_^)/

遺跡隣のプレハブ小屋の中では、遺跡からの出土品が展示されていました。
DSCF2252-2.jpg
人が多かったので2組に分かれたのですが、それでも満員です。
剥きだしで展示されている出土品の数々…、なんと触れるのです!

DSCF2253-2.jpg
鉄滓(てっさい 鉄を取り出した後の不純物の塊)です。
持ってみると鉄のように重く、なるほど鉄かあ、と感心したのですが、これはいわゆる搾りカスで、鉄はまず残っていないのだそうです(^^;ゞ
戦時中はこの鉄滓からさえ鉄を取り出そうとして結局取れなかった、などという話も聞きました。
残さず搾り取った古代の人凄いですね。

DSCF2196-2.jpg
石鏃(矢の先)や石匙(包丁)など、石器の細工がなかなかに精工です。
DSCF2283-2.jpg
実際に触ってみると、先端がきちんと尖っています。

DSCF2256-2.jpg
縄文土器も素晴らしい造形です

DSCF2261-2.jpg
この小さな顔は人面付き土器、つまり土器の飾りの一部ということになります。
凝っていますね。

土偶です。
土偶ってもっと大きいかと思っていたのですが、実際に見てみると片手で持つタイプのお人形さんのようでした。
DSCF2284-2.jpg
左上の顔がなんだかかわいいです(*^_^*)

DSCF2286-2.jpg
DSCF2277-2.jpg
今回私が一番驚いたかもしれないのがこの飾り玉、1cmくらいの玉に模様が入れてありました。どれだけお洒落なんでしょう、縄文の人たち。

DSCF2273-2.jpg
こちらが今回の目玉、縄文後期の捨て場から出てきたヒスイのペンダントですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

DSCF2279-2.jpg
当然ですが、山田町はヒスイの産地ではありません。
ではどこかというと、日本でヒスイの産地は新潟県の糸魚川(いとかわ)なのだそうです。
糸魚川から大浦までどのような経緯でやって来たのかは分かりませんが、4000年前の流通やヒスイを持つような人がいた事など、このヒスイからさまざまな事が推測されます。

今回の発掘調査は、大浦のそして山田町の歴史の新発見がたくさんありました。
発掘調査には、山田町の他に富山県や千葉県からの調査員の方々が協力してくださいました。
また実際に作業された方など、発掘調査に携わった皆様ありがとうございます。
(和)
posted by 山田町観光協会 at 13:52| Comment(0) | 史跡