岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2013年07月12日

大浦の畠中遺跡 説明会があります

明日、7月13日の午後13:30から、大浦地区の畠中遺跡の発掘調査の現地説明会が行われます。
畠中遺跡は縄文時代(後期〜晩期)と古代の遺跡があり、なんと今回の発掘調査で縄文時代のヒスイのペンダントぴかぴか(新しい)が発見されたのだそうです。
当日は本物を見ることができます。

見学希望の方は、当日直接現地へお越しください。

※集合場所は大浦小学校になります。
※発掘現場ですので、長靴と歩きやすい服装でお越しください。
※小雨の場合も説明会は開催されます。

お問合せは
山田町教育委員会 生涯学習課 文化係
0193-82-3111(内線622)まで

大浦のご先祖様たちの足跡を感じてみませんか?

畠中遺跡.jpg
(和)
posted by 山田町観光協会 at 13:19| Comment(0) | お知らせ

2013年07月11日

三陸花ホテル はまぎく

一日雨降りとなった今日は、おとなり大槌町へ行って来ました!

旧浪板観光ホテルが、「三陸花ホテルはまぎく」となって8月30日にオープンですぴかぴか(新しい)
DSCF2135-2.jpg



中はまだ改装中なのでヘルメットをかぶり、中を案内していただきました。
DSCF2137-2.jpg




お部屋にはこれからベットやテレビなどが備え付けられるそうです。
DSCF2147-2.jpg



部屋いっぱいの大きな窓から海が見えるオーシャンビューのはずでしたが、今日は雨降りでした・・・ごめんなさい(;_;)
DSCF2148-2.jpg



こちらが「ウエディング地中海ハウス」です。
地中海レストランや、足湯があるそうです。
DSCF2156-2.jpg



収容人数250名の和室の宴会場です。
DSCF2160-2.jpg




こちらが結婚式場です揺れるハート
その他にも海が見える大浴場や、家族風呂、キッズルームやカラオケルームなどがありました!オープンしたらまたお邪魔させていただきたいと思います。
DSCF2163-2.jpg



案内して下さった総支配人に一言いただきました。
「全国の皆様のご支援のおかげで、ようやく再スタートする事ができました。ぜひ、よみがえった三陸花ホテルはまぎくへお越しください!」
DSCF2166-2.jpg


災害仮設住宅にお住いの方限定プランがあります。
詳しくはチラシをご覧ください↓↓
三陸花ホテル はまぎく.pdf
(佐)
posted by 山田町観光協会 at 16:48| Comment(0) | 日記

2013年07月10日

とっとから二枚貝類販売自粛のお知らせ

とっとからのお知らせです。

岩手県沿岸で再び発生しています貝毒ですが、昨日の検査で山田湾も引っかかってしまいました。(T_T)
それに伴い、「とっと」でも当面の間ホタテ・沖シュウリ等の二枚貝類の販売を控えさせていただきます。

海鮮焼きはツブ、ウニ、干物など二枚貝以外のものや冷凍ホタテ(ボイル済)等で対応させていただきます。

また、土日限定夏のランチメニュー
DSCF0729-1.JPG
についても、ホタテは冷凍のもので対応させていただきます。

二枚貝をお出しできず、申し訳ございませんが、よろしくお願いします。
1日も早く貝毒がおさまりますように。
(和)
posted by 山田町観光協会 at 13:40| Comment(2) | とっと

2013年07月09日

荒神社例大祭

今日の田の浜の荒神海水浴場です。
いつ見ても美しい海ですぴかぴか(新しい)
DSCF2045-2.jpg


今月、21日(日)に、荒神社例大祭が行われます。
今回は海には入りませんが、9時過ぎくらいにお神輿様が海岸までこられるそうです。


20日(土)は宵宮で神事が行われます。
DSCF2049-2.jpg



津波で壊れてしまった鳥居も、建て替えられています。
波をかぶってしまった御神木が鳥居として生まれ変わっているんです。
DSCF2034-2.jpg


荒神社のお神輿様が出るのは、震災後初めてですね。
ぜひぜひ、行ってみたいと思います!
(佐)
posted by 山田町観光協会 at 16:36| Comment(9) | 日記

2013年07月08日

小山実稚恵さんピアノ・リサイタル

昨日は中央公民館大ホールで小山実稚恵さんの震災復興祈念のピアノ・リサイタルが行われました。

DSCF1383-2.jpg

ピアノの「愛の夢」や「ため息」など、幻想的な曲にうっとりとしてしまいました(*^_^*)

ショパンの「英雄ポロネーズ」など馴染みのある曲の他に、クラシック初心者の私には初めて聞く曲もあったのですが、曲の間々に、「ため息」は幻想的なものを見たときついて出る方の息ですよ、とか、「鐘」を題材にしたロシアの曲とイタリアの曲などなど、その曲の背景や作曲家を分かり易く解説してくれましたので、初めて聞くような曲も興味深々で聞き入ってしまいました。

曲目の中に、「左手のためのノクターン」という曲がありました。
スクリャービンというロシアの作曲家が、ある時右手を痛めたため、左手だけで弾ける曲をと作ったのだそうですが、とても左手だけとは思えない豊かな音色でした。
右手を痛めてしまったことから生まれたこの美しい曲に、どんなことがあっても前に進む、というメッセージが重なるのだそうです。

小山実稚恵さんは東北出身のピアニストで、被災地での復興支援コンサート活動を続けています。
小山さん、楽しい時間をありがとうございます。るんるん
(和)
posted by 山田町観光協会 at 15:21| Comment(0) | 行ってきました