岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2013年04月15日

さをり織の機織り機

大沢のとっとに「さをり織り」の機織り機が置かれることになりました。

DSCF9198-2.jpg
組立て風景。
なんだかわくわくしますね。
このさをり織りは関西を中心に全国で織られているのですが、最近宮古近辺で織られ始めているのには少し経緯があります。

「さをり織り」とは、元々は50年ほど前、大阪で主婦の城みさをさんという方が始めたもので、傷もデザインと考え、自分の感性を最大限に引き出す事に重点を置いた手織りの織り方です。
自由奔放に織る事を大事にし、また難しい技術を必要としないことで誰でも楽しめ、自立支援などにも利用されてきました。

DSCF9207-2.jpg
こちらはタイからのさをり織りです。

2004年、スマトラ島沖地震により、タイでも多くの方が犠牲になりました。
被災した方たちの心のケアをと、さをり織りを導入したのがタイ在住の日本人住職の方です。
タイでのさをり織りはやがて織ったものを商品として売り、被災した人たちが自立するプロジェクトへとなりました。
そして今回、東日本大震災で被災した私たちにタイから逆輸入(?)のような形で、まずは宮古、そして田老、山田の仮設などで少しずつ広まっています。



DSCF9227-2.jpg
組立て上がった機織り機でパタンパタンと始まるとなんだかウズウズしてしまいます。

DSCF9223-2.jpg
同じ糸でもキュッと詰めたり

DSCF9228-2.JPG
ゆるく織ったりするだけで表情がガラッと変わります。

DSCF9201-2.jpg
さをり織りの作品たち。
こちらは宮古の浜守人ポロシャツですが、底力ポロシャツバージョンが楽しみです。

とっとでの機織り機は自由に触れます.
火曜日はお休みですので、水曜日から仲良く、優しく遊んでみてください。
(和)
posted by 山田町観光協会 at 21:14| Comment(0) | 日記