岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2013年03月17日

ラッピングバスが走ります

今日はだんじりが山田の長崎通りを通りました!
DSCF0420-2.jpg



さて、今日から3年間、山田町で静岡県島田市さんの島田茶ラッピングバスが走ります。
昨日はそのバスのお披露目式がありました。
DSCF8176-2.jpg

「ラッピングバス」という単語を聞いた時はどんなバス?と分からなかったのですが、百聞は一見にしかず、車体に広告を貼りつけたバスの事でした。
盛岡などで見た事はあるのですが、この辺では珍しいです。
DSCF8171-2.jpg
可愛らしいバスですね。
車のナンバー427は偶然にも島田市の郵便番号なのだそうです。
このバスは山田町内の循環バスに使われます。

DSCF8188-2.jpg
また、島田市の団体の方からチャリティーコンサート等で集めた義援金と、折鶴で作った絵が送られました。
蓬莱橋と茶畑と富士山という島田市を代表する景色で、蓬莱橋とは世界で一番長い木造の歩道橋なのだそうです。


お披露目式の締めくくりとして、体験乗車となりました。
被災状況の説明も兼ねてバスは船越半島の田の浜地区まで行きます。
DSCF8215-2.jpg
津波の後は波の到達具合や地形で残った家と残らなかった家と線を引いたように別れるのですが、田の浜の場合は火災もあり、そのラインがとりわけはっきりとしています。

DSCF8196-2.jpg
鯨館と瓦礫置場です。
今回のラッピングバスは島田市さんがこの瓦礫の受け入れをして下さった縁で始まりました。
ありがとうございます。
(和)
posted by 山田町観光協会 at 16:29| Comment(0) | 感謝