岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2013年01月20日

マッコウクジラの不思議

昨日は宮古の水産科学館でのトークイベントを聴きに行って来ました。
講師は国立科学博物館の窪寺恒己先生と東京大学大気海洋研究所の青木かがり先生です。
(窪寺先生は、先日のNHKのダイオウイカの撮影をした方です)
P1190077-2.jpg

青木先生はマッコウクジラにカメラ等の記録計を付けて観察する研究をしています。(データロガー:吸盤でくっつき、数時間で外れ、回収します)
記録から明らかになり、また推測されるマッコウクジラの様々な生態を話してくれました。

また、窪寺先生はダイオウイカを食べるマッコウクジラ、という視点で鯨の事、深海のイカの事を話してくれました。

お二人の話の共通の謎、何故マッコウクジラは潜るのか?
山田町の鯨と海の科学館にある骨格標本はマッコウクジラであり、三陸沿岸で多いのもこの鯨です。
三陸はイカが多い上に水深が深い、だからそれを食べるマッコウクジラも多いのだろう、と今まで考えていたのですが、言われてみればなぜ潜るのでしょう…?
ダイオウイカを食べたいから…?

P1190092-2.jpg

他に、皆さんから色々な質問が出、質問の答えを聞くたびに知っていると思っていた答えと違っていたり、不思議は深まっていくばかりでした。


恐竜展.jpg
このトークショーは、2月23日(土)には恐竜の話が行われます。
また、水産科学館では1月18日〜3月31日まで、「恐竜時代の海VS陸」が開催されています。
モシリュウの上腕骨(レプリカ)や、宮沢賢治に関連するクルミの化石など、岩手県に関係する化石も公開されています。
ぜひ、見に来てください。
(和)
posted by 山田町観光協会 at 18:05| Comment(2) | 行ってきました