岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2012年12月20日

山田町子どもまちづくりクラブ活動報告会

数日前の話になってしまうのですが、この前の日曜日の12月16日にセーブ・ザ・チルドレンさんの山田町子どもまちづくりクラブの第4回活動報告会が行われましたので、お邪魔しました。

この日の活動は、子どもたちが中心に考えた山田町の復興プランを、レゴブロックを使って形にしてみるという試みです。
PC160313-2.jpg
山田の駅周辺から海までを想定し、コンパクトシティの形を考えます。
行った時にはそれぞれのグループで方針が固まり、ブロックの作業に取り掛かっていました。
PC160312-2.jpg
皆さん町作りに熱中し、時間を延長しての製作でした。
製作後、それぞれのグループが自分たちのプランについて発表しました。


以下は私個人の感想が大幅に入ります。
PC160325-2.jpg
最初のグループは「住みやすい町」です。
駅の近くに病院や商店街を集中させ、実にコンパクトにまとめられています。商店街にはアーケードが付いていて雨の日も歩きやすく、駅から徒歩で大体の用がたせるようになるのではないでしょうか?

PC160323-2.jpg
次はかさ上げ案です。「安全第一」ですね。
海側には魚の工場施設などを構え、花まりん等の公園地帯を挟んでかさ上げした土地へ続きます。行き来しやすいようにメイン道路にスロープのエスカレーターを設け、それ以外にも階段を設けてすぐに避難できるようにします。

PC160321-2.jpg
最後のグループは「発展型」という印象を受けました。
みんなが集まれる楽しい場所を重点に作り、また、牡蠣の養殖棚が並んだり、橋を架けたりと、海へのアプローチも積極的でした。


PC160319-2.jpg
どのグループも暮らしやすく安全で活気のある町を目指していたのですが、こんなにも違うものが出来るのかと感心しました。
子どもたちの発想力は豊かですね。
どうしても普段は毎日の生活や現実にばかりに気を取られるのですが、時には顔を上げて町の未来に思いを馳せる事は大切だな、と思いました。  (和)
posted by 山田町観光協会 at 14:58| Comment(0) | 行ってきました