岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2012年09月10日

大浦虎舞から感謝を込めて

昨日は、大浦、霞露嶽神社で宵宮が行われました。


震災で虎舞の道具を全て流されてしまった大浦虎舞。
ですが、皆様のご支援により、復活できる段階までになりました。


大浦のお祭りは3年に一度。
本来ならば来年がその年にあたるのですが、お世話になった方々に感謝の意味を込めて
お披露目をする事になったそうで、宵宮が行われました。


大浦虎舞保存会の小林さんから、感謝のメッセージです。
「この度、東日本大震災により、虎舞の道具すべてを流されてしまいました。
この流出により、今まで継承してきた大浦の虎舞を失っては大変だと思い、各方々に相談したところ、
色々な助成の申請を教えて下さいました。
そのお陰で、財団法人朝日新聞文化財団様の助成で、大太鼓、のぼり、半纏を作成、
財団法人岩手県文化振興事業団様の助成で、差鶏舞等の衣装を作成、
さらに、ふるさと岩手の芸能研究会様より助成金をいただきました。
さらにそのご縁で、横浜能楽堂のチャリティー公演の収益金により、虎の頭2頭を寄贈していただきました。
虎頭は横浜能楽堂のご協力により、横浜在住の能面師、岩崎久人氏に彫っていただきました。
本当にありがとうございました。
あれから一年半。ようやく子供達の衣装も揃い、皆様にお披露目できる段階になりました。
差鶏舞は、大浦小学校の生徒さんに協力していただいての復活となります。
今回、お世話になった方々にも、恩返しのつもりでお披露目させていただきます。
本当に、ありがとうございました。」



DSCN1502-2.jpg


DSCN1524-2.jpg


DSCN1525-2.jpg


DSCN1512-2.jpg



DSCF3637-2.jpg

大浦の方たち、みんな本当に嬉しそうでした!
素敵な宵宮でした。ありがとうございました。
(佐)


posted by 山田町観光協会 at 18:01| Comment(2) | お祭・歳時記