岩手県のリアス式で有名な三陸海岸のど真ん中「山田町」にある
山田町観光協会の公式ブログ(vol.2)です。
山田の観光情報、おすすめスポット、旬の話題、復興状況など
発信してまいりますのでよろしくお願いします!

2021年09月17日

大沢の津波碑

山田町にある津波碑。
「津波が来たら逃げろ」など自然災害の教訓などを後世に伝え残すために作られました。

町内にある津波碑を少しずつ紹介していこうと思います。
今まで紹介した津波碑はこちら
田の浜の大海嘯記念
http://yamada-kankou.sblo.jp/article/175491523.html


今回は大沢にある津波碑「三陸大海嘯記念」です。
海嘯(かいしょう)は津波のことです。
大沢公園内にあります。

IMG_0487.jpg

IMG_0488 (3).JPG


IMG_0489.jpg



建立されたのは津波の一年後の昭和9年3月3日です。
**昭和の三陸沖地震は1933年(昭和8年)3月3日2時30分発生、30分後に津波が到達しました。
(明治の三陸地震は、1896年(明治29年)6月15日)


前面に記されている文字。

 一 大地震の後には津浪が来る
 一 地震があつたらい所へ集まれ
 一 津浪に追われたら何処でも此処位の高い所へ
 一 遠くへ逃げては津浪に追付かる
   近くのい所を用意して置け
 一 縣指定の住宅適地より低い所へ家を建てるな


IMG_0490.jpg
裏面にも文字が刻んでありますが残念ながらよくわかりませんでしたふらふら
調べると、時系列と被害状況、溺死者一名等と記してあるようです。



近くの南陽寺には「三陸大海嘯溺死者慰霊塔」があります。

IMG_0498.jpg



ここでは津波碑と呼んでいますが、国土地理院では「自然災害伝承碑(しぜんさいがいでんしょうひ)」として地図記号を制定してウエブ地図などに掲載を進めています。
国土地理院地図.JPG
国土地理院 全国の自然災害伝承碑はこちらから探すことができます。
https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/denshouhi.html

(千)
posted by 山田町観光協会 at 15:21| Comment(0) | 石碑

「未来の子らへ この桜より上へ逃げよ」

船越小学校の桜並木沿いに建てられた小さい石碑。

「未来の子らへ この桜より上へ逃げよ」と記してあります。


IMG_0510.jpg


IMG_0511 (2).JPG

2014年、校舎登り口に桜が植樹されました。
とことこ日記でも紹介しました↓
http://yamada-kankou.sblo.jp/article/93290970.html


桜の植樹は、NPO法人桜並木ネットワーク「津波を後世に伝承するための桜を植樹する”さくら並木プロジェクト”」によるもので、山田町では1162本植樹されました。
その桜は数年前から咲いています。


この石碑は、植樹した年(2014)の12月9日に設置されました。


子供たちは毎日この石碑を見て登下校します。
『未来の子らへ この桜より上へ逃げよ』


IMG_0512.jpg

NPO法人桜並木ネットワーク
http://sakuranamiki.jpn.org/




(千)
posted by 山田町観光協会 at 09:32| Comment(0) | 石碑

2021年09月16日

大浦の初盆

貴重な写真をいただきました。

船越、大浦地区の初盆の船送りの様子です。

2021-08-163-2.jpg

船には個人の好んだ食べ物やお酒が供えられてます。

2021-08-162.jpg

海岸からそっと流します。
2021-08-161.jpg

流されて海のゴミにならないよう、回収用のロープがついています。
この行事が盛んだったころは、流した後は沖で船で待ち構えて回収していたのではないかということです。

大浦の盆には拝みに行ったことはあるのですが、こうした初盆の行事があることは知りませんでした。

住民の高齢化、少子化とともに消えゆくのでしょうか…。

2021-08-164-2.jpg
この柱は初盆の家に建てられ、3年このままにするそうです。
高く掲げた灯篭はご先祖様が見つけやすいように。


町の図書館を探してみたら「大浦の生活と民俗(岩手県山田町大浦ー1)」という、山田町大浦の歴史や民俗を記録した本がありました。
町民の暮らしぶりや行事など詳細に記したものです。
その中に1行、【「盆送り」供物をゴザに包み、提燈(ちょうちん)を持って海へ流しに行く】とありました。
時や場所、人が変わればやり方もいろいろなのかもしれませんね。


**「おらいの地区はこうだった」とか詳しく知っている方がいましたら、よろしければぜひコメントで教えてください。

(千)
posted by 山田町観光協会 at 13:07| Comment(0) | 日記

2021年09月11日

白石農業体験 そば刈り

9月某日晴天、白石農業体験に行ってきました。
今回は「そば刈り」です。

IMG_0457.jpg
白く見えるのがそばの花

IMG_0462.jpg
黒い実がついているのがわかります。

鎌をもって刈り取り開始です。
今回は総勢18名で取り組みました。
IMG_0463.jpg


本日も気温が高く、早目の休憩を取りながら刈り取り作業を終えました。
時折涼しい風が吹くのがありがたい。

IMG_0466.jpg

IMG_0469.jpg
鎌の使い方を教えています。
「ギザギザになってるから歯を当てたらゆっくり引くだけで切れるよ」

IMG_0464.jpg


刈り取ったそばは藁で縛って立てておきます。
IMG_0468.jpg

IMG_0460.jpg

IMG_0471.jpg


今回のそば刈りはここで終了です。

そば刈は今後日曜日ごとに行うようですので、興味を持ったかたはお気軽に参加してくださいとのことでした。


次の白石農業体験は10月3日の「サツマイモの収穫」です。
9時に水車小屋集合。料金は大人500円、子供は無料です。

晴れ新鮮な採れたて野菜など白石地区の美味いもんを嬉しい値段で売ってくれる日曜の朝市は、現在も開催中です。
朝7時から。ぜひ品物をゲットしたい方は6時半までに行きましょう。

晴れごっとん茶屋は新そばを用意出来てから開催します。
日にちが決まりましたらお知らせしますね。

(千)

posted by 山田町観光協会 at 15:28| Comment(0) | 体験

2021年09月10日

ふるさと特産品 「山田のあかちゃん」大瓶セット

ふるさと特産品に「山田の牡蠣くん」さんの商品「山田のあかちゃん」の大瓶セットが追加されました。

あかちゃん大瓶.jpg

容量 赤皿貝の燻製オリーブオイル漬け 220g(赤皿貝:150g)

原材料は、赤皿貝と醤油、オリーブオイルだけ。厳選した赤皿貝の剥き身を使用し、保存料や化学調味料を一切使用せずに独自の製法で仕上げた赤皿貝の燻製オリーブオイル漬けです。

1本から6本のセットがございます。

山田のあかちゃん(大瓶)1本
9,000 円以上の寄付でもらえます
あかちゃん1.jpg
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03482/5204263


山田のあかちゃん(大瓶)2本
18,000 円以上の寄付でもらえます
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03482/5204264

山田のあかちゃん(大瓶)3本
26,000 円以上の寄付でもらえます
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03482/5204265

山田のあかちゃん(大瓶)4本
35,000 円以上の寄付でもらえます
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03482/5204266

山田のあかちゃん(大瓶)5本
44,000 円以上の寄付でもらえます
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03482/5204267

山田のあかちゃん(大瓶)6本
52,000 円以上の寄付でもらえます
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/03482/5204268



「何度も申し込み可」の商品です。

ふるさと特産品を扱っているサイトはこちら
ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/city/info/03482
楽天ふるさと納税
https://www.rakuten.ne.jp/gold/f034827-yamada/
ANAふるさと納税
https://furusato.ana.co.jp/03482/

(千)

posted by 山田町観光協会 at 15:23| Comment(0) | ふるさと特産品